スポーツの秋、運動してみませんか?

当事業所の『自立機能』のプログラムでは、健康で快適な日常生活を送るために取り組んで頂きたい内容をご説明しています。
スポーツの秋ということで、今日はその中でも『運動』についてご紹介していきたいと思います。

健康な体を維持するためには日常生活の中での適度な運動が欠かせません。
運動をすることで筋力や体力がつき、結果的に生活習慣病などの病気を予防することができます。
また、仕事を長く続けていくためには、健康で丈夫な体作りがとても大切です。

〇なぜ運動をしたほうがいいの?

なぜ運動しなければいけないか、その理由は大きく分けて3つあります。
① 生活習慣病の予防
② 筋力や身体機能の維持
③ カラダを緊張とストレスから解放
運動をすることで、肥満防止になり生活習慣病の予防につながります。また疲れにくくなったり、抵抗力の向上が見込めます。思いっきり汗をかくことでスッキリすることもできます。

〇どれくらい運動した方がいいの?

厚生労働省からは、2つの目安が示されてます。
①今より1000歩(約10分)多く歩く
②週2回、30分の運動

①の「今より1000歩多く歩く」にはエレベーターではなく階段を使用したり、車や自転車ではなく徒歩で移動したり、日常生活で徒歩に置き換えていくのがお勧めです。
②「週2回、30分の運動」は、ご自身の好きな運動をして継続できるものをするとよいでしょう。

〇オススメの運動は?

ズバリ、ウォーキングです。
ウォーキングは専用で必要とする道具はなく、どこでもすることが出来ます。また費用も掛からないので気軽に始めることが出来るのでオススメです。
その際のポイントとして、始める前のウォーミングアップをしっかりと行い、なるべく大またで早く歩くと効果が高まります。ぜひ試してみてください。

〇様々なプログラムをご用意しています。

今回ご紹介した運動だけではなく、自立機能のプログラムでは「長く働く」ために必要なスキルとして、食事や睡眠、社会保障制度についてなども学んでいきます。ぜひご興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

チャレンジドジャパン山形センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン