職場での雑談を楽しむコツ

今回の記事では、「職場での会話何気ない会話=雑談」についてお話させていただきたいと思います。
「え、雑談?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、実はとても大事なコミュニケーション能力です。

「別に職場でわざわざ雑談をしなくていいのでは?」「最低限の報連相のみ行っていれば良いのでは?」と思う方もいらっしゃると思います。
しかし普段から職場で会話をしていることによって、相手との良好な関係が維持出来たり、何かあった際に質問や相談がしやすくなる、協力しやすい職場になるというメリットがあります。

どんな話題が適しているか?

まずNGな話題は、人の噂話や愚痴、政治・宗教の話があげられます。

適している話題として、「木戸に立ちかけし衣食住」という言葉を覚えておくと良いでしょう。
話題となる頭文字をとったもので、以下のような意味になります。
キ…気候
ド…道楽(趣味、テレビ、映画、スポーツ)
ニ…ニュース
タ…旅
チ…知人
カ…家族
ケ…健康
シ…仕事
衣…ファッション
食…グルメ
住…住まい

また、話を聞く時のポイントとして、相槌を打つこと。話をするときのポイントとして、相手から聞きたい・聞きたくないサインが出ているのを見逃さないこと、相手の方をしっかり向いて話をすることが大切です。

チャレンジドジャパン山形センターでは?

チャレンジドジャパンでは、JST(ジョブスキルトレーニング)のテーマの一つに、「職場で会話をする(話す・聞く)」というテーマがあります。先日こちらのテーマで、利用者さん同士実際にロールプレイを行い、雑談をしていただきました。

自分の趣味、相手の趣味の共通点を見つけたり、相手の話に相槌を打ちながら聞いたりと、自然体で話をしていて、時間ギリギリまで盛り上がっているペアもありました!
利用者さんからは「他の講座でやっているグループワークと近いものがあって、その時に学んだことを使うことができた」という声や、「シーンとしたときにどう話をしたらいいのか困ったが、相手の話から話題が広げられて良かった」という声を聴くことができました。

雑談をするコツとして、今回の記事をぜひ参考にしていただければ幸いです。

チャレンジドジャパン山形センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン