就労アセスメントの取り組み①

 寒河江・西村山地区で行われている、就労アセスメントの「新たな取り組み」について今回と次回、2回に分けてご紹介します。今回は、就労アセスメントとその目的についてです。

そもそも「就労アセスメント」とは?

就労アセスメントは、各支援機関による継続的な就労支援に必要な情報のうち、就労面に関する情報を把握するために実施します。障害者に対して適切な就労支援を行うためには、支援対象者の就労面や生活面に関する多面的な情報を把握しておくことが必要です。これらの情報のうち、生活面の情報については、支援対象者を長期間にわたって支援している機関(特別支援学校等)から把握することができますが、就労面に関する客観的な情報(作業能力、就労意欲、集中力等)は、作業場面における観察によって別途把握する必要があります。このため、就労経験のない者(50歳以上の者や障害基礎年金1級受給者を除く)がB型事業所の利用を希望する場合については、就労アセスメント機能を有する就労移行支援事業所がアセスメントを行い、就労面の情報の把握を行うこととなっています。

厚生労働省 障害福祉サービス関連のQ&A 通し番号829より転記

 上記のように表現されているため、B型事業所への通所開始をするために行われるものと解釈されている方が、福祉のサービスに関わる方の中でも多いように感じられます。

 しかし、厚生労働省の「就労移行支援事業所による就労アセスメント実施マニュアル」には以下の記載があります。

  1. アセスメントにより把握された情報は、一連の就労支援が行われる中で、各機関によって共有・更新され、長期間にわたって活用されることとなります。
  2. 就労アセスメントは、就労継続支援B型利用の「可否」を判定するためのものではありません。サービス等利用計画の作成や市区町村が行う支給決定の参考になりますので留意して下さい。そのため、利用者の本来のニーズや就労の可能性に着目したアセスメントを実施してください。

 今回は就労アセスメントの本来的な目的について、厚生労働省からの資料を通してご紹介しました。

 ※次回「就労アセスメントの取り組み②」は来月投稿予定です。ぜひご覧ください。

〇お問い合わせ

どのようなことでも、お気軽にお問い合わせください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
就労支援センター ひゅーまにあ山形
TEL:023-674-8971
Mail:[email protected]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

見学・体験のお申込み、お問い合わせはこちらから。

 

ひゅーまにあ山形
就労支援センターひゅーまにあは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はひゅーまにあ