面接の同行をしています!~入室時について~

 新型コロナウィルスの影響もあってか、求人数は減少傾向にあります。そのような中であっても企業様へ履歴書を提出し、面接まで進まれる方がおられます。今回は面接について少しお伝えしたいと思います。

緊張の度合いが変わる?入室のパターン

 面接というと面接室にノックをして入るイメージが多いかと思いますが、採用企業様の配慮もあってか、

 ①予め部屋に通される

 ②面接官と一緒に部屋へ入る

 これらのパターンが最近は多いように感じます。この場合の「緊張度合い」を 3 とすると、

 “ノックをしてから入る” 緊張の度合いは 10 となる、と面接を受けた方々は話されています。

どのような人から、どのようにして面接を受けるのだろう…?と緊張して部屋へ入る場合は、より緊張が高まるようです。

利用者さんは面接練習時から真剣な面持ちです!

次回は、面接に行ったときに「どのようなことを聞かれるか」をお伝えします。

〇お問い合わせ

どのようなことでも、お気軽にお問い合わせください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
就労支援センター ひゅーまにあ山形
TEL:023-674-8971
Mail:[email protected]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

見学・体験のお申込み、お問い合わせはこちらから。

 

ひゅーまにあ山形
就労支援センターひゅーまにあは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はひゅーまにあ