コーヒーブレイクタイム

梅雨に入りすっきりしない天気が続いていますね。
天気が悪いと気持ちもどんよりしてしまうことがあるかもしれません。
そんなときは、ほっと一息休憩を入れてみませんか。
今回は、社会生活スキル講座の一環として、6月に行った『コーヒーブレイクタイム』をご紹介します。

コーヒーブレイクタイムとは?

みなさん、『コーヒーブレイクタイム』という言葉を聞いたことがありますか?
お茶を飲んだり、お菓子を食べたりしながら談話を楽しむ、肩のこらない集まりのことです。

スウェーデンは、フィーカ(fika)という職場のみんなと、お茶とお菓子とおしゃべりで、ストレス発散するという習慣があり、多くの企業でも取り入れられているそうです。
コーヒーブレイクタイム、フィーカ、ティータイムなど、言葉は違いますが世界各国、同じような文化があるようです。

みなさんに、コーヒーブレイクタイムという言葉について説明をした後、いつもの訓練とは違い、リラックスしてホッと一息つきながら参加してもらおうと、みなさんにお茶とお菓子をお配りして、コーヒーブレイクタイムが始まりました!

まずは自己紹介からスタート!

宇都宮センターでは、利用を開始する際、パソコンでお名前の他好きな画像を入れてネームプレートを作成してもらっています。
自己紹介では、
・お名前
・ネームプレートの紹介
・もう少し余裕がある方には趣味や実は〇〇だということもお話してもらいました。

緊張しながらも、好きなキャラクターや食べ物の紹介、趣味、実は〇〇です!など、ご自身のことを話してくれました。
最初は緊張した面持ちだった皆さんも他の方の発表を聞いて少しずつ表情が和らぐ様子が見られ、時々笑いが起きる場面もあり、終始和やかな雰囲気に包まれていました。

あなたはどっち派!?

自己紹介の次は、AとBどちら派なのか分かれて、それぞれのグループでテーマについて自由に話をする時間です。
“猫派?犬派?”、“パン派?麺派”等、3つのテーマについて考えてもらいました。各派に分かれた後には、近くにいる人たちと選んだ理由や好きな理由などを意見交換しました。
にこやかな笑顔で会話されている方が多く、普段の真剣な表情で訓練に取り組む姿とは違った一面が見られました。

利用者さんの感想

コーヒーブレイクタイムに参加された利用者さんに感想をいただきました。

・良いリフレッシュタイムとなった。
・普段の訓練では見られない、利用者さんやスタッフの様々な一面を見ることが出来て良かった。
・いつも席が近くても趣味が分からなかったので改めて知ることが出来た。人との輪を大切にしたいと思った。
・最初は乗り気ではなかったが、思ったより会話が弾み良い気分転換となった。
・色んな方の意見を聞くことが出来て、自分の発想にはなかった新しい考えを発見できた。
・気楽に話すというのは生活において重要なスキルの一つだと思うので参加出来て良かった。

最後に

仕事を頑張ることはもちろん大切です。
しかし、それぞれが仕事のことだけを考えていては、良い職場環境をつくることは難しくなってしまうかもしれません。

仕事内容とは関係のない雑談をすることは無駄、大変と思う場合もあるかもしれませんが、その仕事とは関係のないちょっとした雑談から、相手を知ることが出来ます。
雑談を重ねていくうちに、信頼関係を築くことができ、仕事の効率も上がり、ストレスも発散することが出来て、更には良い職場作りにつながっていきます。

お問い合わせ

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒320-0806 栃木県宇都宮市中央1-1-1 宇都宮アクシスビル 3階
電話:028-678-5385
メール:[email protected]

お申込みフォームの入力はこちらからどうぞ

〇お申込みフォーム

 

チャレンジドジャパン宇都宮センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン