4月度グループワークのご紹介

考え方には「クセ」があることをご存じですか?

自分の考え方の「クセ」によって、ストレスを感じ不調になることもあるかもしれません。不調の時に少し立ち止まり、その時に頭に浮かんでいる「考え」を柔軟でバランスの良い「別の考え」にすることで、ストレスは和らぐかもしれません。

今回のグループワークでは、「自分の考え方のクセ」ち「別の人の考え方」を知るワークを行いました。その時々に感じるストレスを和らげる方法を考えていきました。

こんな時どうするか考えてみよう

1つ目のワークでは、『同僚に挨拶したのに、返してもらえなった場面』で、自分自身はどのような考えが浮かぶのか、どのような気持ちになるのかを書き出しました。

今回参加した利用者さんの意見で、多く挙げられていたのは

・同僚に嫌われたのかな?

・同僚に何かしちゃったかな?

という自分側になにか問題があったのかもしれないという考えでした。

考え方のクセをセルフチェック

2つ目のワークは、いくつかの質問に対し、どの程度当てはまるかセルフチェックを行い、自身の考え方の傾向を確認していきました。どの項目が多かった・少なかったから、良い・悪いということではなく、あくまでも現状の考え方の把握という程度と思っていただければと思います。

ほとんどの項目に「よく当てはまっているな」と感じた方も多くいらっしゃり、良い振り返りになったとお話が聞こえてきました。

<チェック項目(抜粋)>
・人のふとした言動をきっかけにして「あの人は私を避けている」と感じる方である。
・「~しなければならない」と考えて自分にプレッシャーを与えてしまう方である。
・ものごとを極端に白か黒かのどちらかに分けて考える方である。
・一度立てた計画は、どんなに困難であってもやり遂げるべきだと思う方である。

「別の考え」を検討しよう

3つ目のワークでは、1つの目のワークで書き出した『同僚に挨拶したのに、返してもらえなった場面』についての受け止め方を踏まえ、別の考え方を各自検討しました。その後、ホワイトボードに書き出して共有しました。

最初のワークでは、自分側に問題があったかもしれないと思う意見が多かった一方で、3つ目のワークでは、同僚の立場で考えた意見が目立ちました。他にも不本意な出来事の対処法などさまざまな意見があがりました。

ワークの共有を受け、最後に感じたことをまとめました。

<利用者さんの感想>
・客観的に自分の考え方を見るいい機会になった。
・相手側の立場や気持ちを軸にして別の考え方をやってみることへの大切さみたいなのも再認識した。
・みなさんの別の考え方に触れて、自分では考えつかない考え方があるのだと分かって、もう少し頭を柔らかくして物事を考える大切さを学ぶことができた。
・自分の考えだけではなく、他の人の考えも共有できて、楽しかった。視野が広がったし、こういう考えもあるのだと思った。
・物事を楽観的に考えるのも、一つの方法かもしれない。

考え方に正解はありませんが、時としてつらい気持ちになることもあります。今回のグループワークでは、同じ出来事でも、捉え方が人によって違う事や他の方が考えた別の考えに触れ、考え方の手札が増えたのではないでしょうか。

今後も、いろいろなテーマのグループワークを行ってまいります。詳細につきましては、お問い合わせください。

お問い合わせ

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒320-0806 栃木県宇都宮市中央1-1-1 宇都宮アクシスビル 3階
電話:028-678-5385
メール:[email protected]

お申込みフォームの入力はこちらからどうぞ

〇お申込みフォーム

 

チャレンジドジャパン宇都宮センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン