実践トレーニングでステップアップ

宇都宮センターでは事業所内の訓練に加えて様々な外部実習も実施しています。
感染症予防のためここ数か月は場所や回数を限定しての実施となっていましたが、今月から対策を万全にしたうえで少しづつ対実施機会を増やしていく予定です。
今回は外部実習についてご紹介します。

どんな実習があるの?

外部実習には企業から案内があった際に希望者が参加するもの、実習を受け入れてもらっている職場で定期的に実施するものがあります。
また、就労を希望する企業に実際の業務を体験させてもらうため実習を実施してもらうこともあります。

現在定期的に実施している実習には量販店のバックヤード業務、図書館の書架整理、店舗の事務所での事務補助、ホテルのベッドメイク、マンション清掃、ポスティングなどがあります。

実習の進め方

(店舗での実習の様子)

実習の進め方を大きく3つのポイントに分けてご紹介します。

①目標の設定
実習に行く前に毎回実習での目標を設定します。
初めて参加する方であれば、事業所内で学んだビジネスマナーなどから実際に実践してみたいこと、何度か実習に参加した方は前回の実習で見られた課題などを目標にします。
立てた目標は実習に同行するスタッフと一緒に実習前に確認します。

②実習
実習は作業内容に加えて実際の職場で実施されるため、基本的なビジネスマナーは必須です。
タイムスケジュールの確認、現場でのあいさつやふるまい、作業内容のメモや進捗状況の報告・連絡・相談など様々なビジネスマナーのポイントを意識しながら実施していきます。

③実施後の振り返り
実習後は全体的な振り返りに加えて、①で設定した目標は達成できたか、新たに見えてきた課題はどんなことか、次回の実習で設定すべき目標などをシートにまとめて実習担当スタッフと振り返りを行います。

この流れを毎回繰り返し、実習を通して実際の職場でも安心して働けるように準備をしていきます。

職場実習の目的

職場実習は様々な職種を経験して適性を図ることが一つの目的です。
しかしそれ以上に事業所で学んだ様々なマナーや訓練内容を現場で実践することで働くうえでの自身の課題を確認することがとても大切な目的になっています。
毎回の実習をスタッフと振り返りを行い、評価すべきポイントは伸ばし、修正すべきポイントは訓練に落とし込んでステップアップを目指していきます。

今後実際に実習に参加した方からの感想などもご紹介する予定ですのでぜひご覧ください。

お問い合わせ

*就労支援センターひゅーまにあ宇都宮は、2020年10月よりチャレンジドジャパン宇都宮センターへ事業所名称を変更しました

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒320-0806 栃木県宇都宮市中央1-1-1 宇都宮アクシスビル 3階
電話:028-678-5385
メール:[email protected]

お申込みフォームの入力はこちらからどうぞ

〇お申込みフォーム

 

チャレンジドジャパン宇都宮センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン