体験者さんの声

4月に入り、多くの方が体験利用されています。体験利用の後に当事業所の利用を決めたお2人にお話を伺いました。就労移行ってどうだろう、チャレンジドジャパンってどんなところだろう、ステップアップの仕方に不安がある・・・などとお考えの方のご参考になれば幸いです。どうぞご覧ください。

お話をしてくださった方

・体験者Aさん・・・40代、女性
・体験者Bさん・・・40代、男性

お二人とも初めて福祉サービスを利用する方です。

就労移行事業所との出会い

見学された方へご説明風景(イメージ)
就労移行を探したきっかけを教えてください。

ーAさん「生活リズムを整えることが大変で、まずは就労移行を利用することで生活リズムを整え、その後働き始めたいと思いました。」

ーBさん「病院に通っているので、主治医の先生から紹介されました。調べてみるとたくさんあって、驚きました。」

チャレンジドジャパンにした決め手はなんでしたか?

ーAさん「一人一人に合ったプログラムを組んでもらえるところに惹かれました。」

ーBさん「フィーリングですかね。いろいろ見てしまうと迷いそうだったので、検索して最初にあったここに決めました。」

チャレンジドジャパンを見学、体験の流れだったと思いますが、印象を教えてください。

ーBさん「就労移行っていうのも初めてだし、そもそも福祉サービスを初めて利用するので、未知の世界って感じでした。数日過ごしてみると、皆さんとっても真面目で、会社みたいな感じもあります。もっとワイワイガヤガヤしていると思っていたのですが、個々に集中して取り組んでいる感じですね。」

ーAさん「皆さん意欲的に取り組んでいると感じました。体験してみて、周囲の方々が皆さん意欲的なので、自分も意欲をもって取り組んでいかないと!と強く感じました。いい刺激になっていると思います。」

苦手克服、そして・・・

これから挑戦したいことを教えてください。

ーAさん「パソコンに対して苦手意識が強いので、少しでも速く入力できるようになったり、Excel、Wordを覚えて使いこなせるようになったりしたいです。」

ーBさん「コミュニケーションの苦手克服ですね。話しかけられて会話をしていくのはできるのですが、どうしても自分から話しかけるなどアプローチするのが苦手なので、そのあたりができるようになりたいです。働いていくにも必要なことだと思うので。」

一年後どうなっていたいですか?

ーBさん「社会復帰です!就職して、働いて、生活を営めるようになりたいですね。」

ーAさん「自分に合った求人を探して、応募して、就職していたいです。」

見学や体験を考えている方へ

ーBさん「ここへ見学するかどうか決めるのはやっぱり勇気がいりました。でも一歩踏み出さないと変わらないので、もし悩んでいる方がいるなら、気軽に一歩踏み出してほしいなと思います。」

Aさん、Bさん、詳しくお話くださり、ありがとうございました。お二人は5月より順次利用を開始される予定です。プログラム講座の受講、イベントへの参加、就職準備、就職活動など本格的に就労に向けた準備が始まります。働き続けるための土台作りを一緒に取り組んでいきましょうね!

宇都宮センターでは、随時見学や体験のご予約を受け付けております。新しいことを始めたいけれど・・・とお考え中の方、お気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせ

*就労支援センターひゅーまにあ宇都宮は、2020年10月よりチャレンジドジャパン宇都宮センターへ事業所名称を変更しました

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒320-0806 栃木県宇都宮市中央1-1-1 宇都宮アクシスビル 3階
電話:028-678-5385
メール:[email protected]

お申込みフォームの入力はこちらからどうぞ

〇お申込みフォーム

 

チャレンジドジャパン宇都宮センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン