新年度もよろしくお願いいたします。

例年よりも早い満開となった宇都宮の桜は花びらが舞い、早々と新緑の季節へと向かいつつあります。さて、3月29日に宇都宮センター恒例行事の一つである、『振り返り会』を行いました。スーツの日(毎月最終月曜日にスーツを着る日)でしたので、いつもよりビシッとした空気の中で開催となりました。

振り返り会とは・・・

『振り返り会』は4月~3月までの一年間を振り返り、①自分を褒めたいこと、②反省点、③次年度の目標について、利用者さんとスタッフの全員が発表する会です。それまでの一年間を思い返しながら、それぞれ事前にパワーポイントでスライド作成をします。センター開所当初より、行っている伝統的なイベントです。

2020年度は、スーツを着用し、より緊張感のある発表会となりました。発表することで他の方の話を聞くことができ、お互い良い刺激になったようでした。例年は就職された方をお招きし、お仕事の様子や振り返りを発表いただいています。今年は人数の関係でお呼びできなかったのですが、5名の就職者にご協力いただき、事前にインタビューした内容を利用者の皆さんへご紹介しました。このイベントを機に、就職された方々が社会で活躍を続けられている事を改めてお聞きし、とても頼もしく感じました。また、それを利用者さんにお伝え出来たことも嬉しく思いました。

一人1枚スライドを作成しました

振り返り会の当日様子

振り返りをしての感想

みんなの前に立ち発表するのは緊張したのですが、大きな声で発表できて良かったです。一年前の自分と比べると、訓練や職場実習などいろいろなことに挑戦し、できることが増えました。たくさん経験を積んだことで、充実した内容をスライドに記載できたことも嬉しかったです。他の方の発表を聞いていると、スライド内容に付け加えて話すなど工夫している方がいたので、発表方法についても勉強になりました。
(利用者Aさん)

とにかく緊張しました(笑)去年は見学として参加した振り返り会ですが、今回は発表する側に立てて良かったです。自分の目標をみんなの前で発表したからには達成できるよう努力していきたいです。一日中スーツ姿でいるのは疲れましたが、スーツを着ると「私、就職ができて、働いけていけるかも!」と前向きな気持ちで過ごせました。(利用者Bさん)

パワーポイントを仕上げてからは、発表内容を頭の中で何度も考えて当日を迎えました。発表する時には、言葉に詰まらずに言えるかどうかと思い、緊張しました。利用者さんもスタッフも真剣に発表内容を聞いてくれ、振り返り会に参加して良かったと感じています。発表する皆さんは堂々としていた印象をうけました。他の利用者さんの発表を聞いていて、「コロナ禍であっても、できる範囲で他の方との交流をしていきたい」と話していた方がいて、積極的な気持ちが素晴らしいなと思いました。(利用者Cさん)

どの利用者さんからも「緊張した」との感想が聞かれましたが、堂々とした様子で発表していらっしゃいました。これからも目標を達成できるように意識しながら、一日を大切にしながら過ごしていきたいですね。

お問い合わせ

*就労支援センターひゅーまにあ宇都宮は、2020年10月よりチャレンジドジャパン宇都宮センターへ事業所名称を変更しました

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒320-0806 栃木県宇都宮市中央1-1-1 宇都宮アクシスビル 3階
電話:028-678-5385
メール:[email protected]

お申込みフォームの入力はこちらからどうぞ

〇お申込みフォーム

 

チャレンジドジャパン宇都宮センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン