目標を立てて、振り返ってみよう

よく「目標を立てて取り組みましょう!」や「PDCAサイクルを回して・・・」などと聞くことがあると思いますが、一人ですべて完結させるというのは難しいのではないでしょうか。自ら目標を立てて取り組むことは、能動的になるだけでなく、達成することで自信がつきます。また達成しなかった場合でも、十分な振り返りを行うことで、また新たな目標を立てるための足掛かりになります。今回は、宇都宮センターの中で、“目標を立てて振り返る”場面をご紹介いたします。

訓練の最初には・・・

目標を立てている様子

宇都宮センターでは、利用者の皆さんに、デイリー目標シートをお渡ししています。デイリー目標シートとは、一週間の訓練スケジュールが記載してあり、各訓練に対して、目標を立てることができる仕様です。
訓練内容はスタッフと相談の上、決定しておりますので、一人ひとり違う内容になっています。

シートの活用方法

①通所したらまずは今日の作業内容を確認します。

②それぞれの訓練に対して、個人目標を立てます。
どんなことを達成したいのか記入します。「昨日よりも速く」、「前回と同じペースで」、「ミスを減らそう」、「効率のいい方法を見つける」など、また、より効果的にするために、数値で表現する方も多くいらっしゃいます。

③毎日14:40~は振り返りの時間。
一日を振り返り、目標に対して達成したのかどうかを〇×で記入していきます。その後スタッフとともに、一日を振り返ります。達成している項目は確認し、自信につなげていただきます。未達成の項目は、理由や目標設定が適切であったかを一緒に確認し、次回に向けてどうしていくかと話し合います。

④金曜日は一週間の振り返りを。
週末は一週間の振り返りを行います。どんな一週間だったろうか、休まず通所できた、体調管理を意識できたなど一週間のスパンで自身の行動を振り返ります。

職場実習のときも・・・

職場実習風景(アパート清掃業務)

職場実習に出かけた際には、必ず報告書の作成をお願いしています。こちらは次回の実習時に向けて繰り返し取り組んでいけるように、報告書自体がPDCA(Plan→Do→Check→Action)に沿ったものになっています。

シートの活用方法

①【P(Plan)】職場実習に行く前に、まずは目標を決めます。初参加の方と何回か参加している方では、目標の立て方も変わってくると思います。すでに参加したことのある職場実習の場合は、過去の報告書を見返しています。目標を立てたら、実習同行のスタッフと共有します。

②【D(Do)】目標を意識しながら、実習に取り組みます。

③【C(Check)】事業所に戻り、報告書を作成します。目標に対して、どうであったか、よくできた点、できなかった点を思い返して、文章にまとめます。

④【A(Action)】報告書内には、次回に向けて意識したいポイントを記載する欄があります。できた点の維持やスピードアップ、できなかった点の修正などをまとめていきます。

⑤報告書をもとにスタッフとの振り返りの時間。できたことやできなかったことだけでなく、スタッフから見えていた姿もお伝えしています。お仕事ですので、責任を持って取り組むことも大切です。職場実習に参加する皆さんは、その点にも意識して取り組まれているようです。

まとめ

振り返りで大切なのは、「できた」ことに注目することです。自分自身の良さや強みをより強化していけると思います。また、できなかったことは責めるのではなく、目標の分析と見直しを行います。目標が高すぎることで、モチベーションが下がり、諦めにもつながることもあるようです。

ステップアップしていくためには、スモールステップから始めると取り組みやすいと言われています。宇都宮センターでは、“その日のその訓練の内に達成できそうな目標を立てる練習”をすることができます。未来のなりたい自分に向かって、コツコツと一緒に進めていきましょう!

お問い合わせ

*就労支援センターひゅーまにあ宇都宮は、2020年10月よりチャレンジドジャパン宇都宮センターへ事業所名称を変更しました

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒320-0806 栃木県宇都宮市中央1-1-1 宇都宮アクシスビル 3階
電話:028-678-5385
メール:[email protected]

お申込みフォームの入力はこちらからどうぞ

〇お申込みフォーム

 

チャレンジドジャパン宇都宮センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン