【プログラミング講座】作品紹介

昨年9月にプログラミング講座を開始してから、約5カ月がたちました。それぞれのペースではありますが、いくつかのゲームが仕上がってきました。今回は参加している利用者さんの中から4名に、作品紹介をしていただきました。どんなゲームなのか、こだわりポイントをお聞きしています。

宇都宮センターでは、週1回、講座の時間には出来上がったゲームをプレイし合う時間があります。自分が作る際の参考にしたり、アドバイスをしあったりと、この講座ならではの時間になっています。体験利用であっても、実際にゲームを作ることができます。プログラミング詳細につきましては、お問い合わせください!

Yさんの作品

最初に作った作品は、障害物を避けながらゴールを目指すゲームです。

【こだわりポイント!】ゴールまでのコースを3つに分け、それぞれのコースで難易度が変わるように作りました。

講座に参加しての感想

プログラミング講座と聞いたときは、真っ先に『難しそう』というイメージ浮かびました。しかし、このプログラミング講座では、パズルのようにプログラムを組むことができるので、初心者でも簡単に作品を作ることができました。思い通りに作れた時は嬉しくなります。

Oさんの作品

矢印キーでラケットを動かしてボールを跳ね返すブロックくずしゲームです。ブロックをすべてくずせばクリア!

【こだわりポイント!】クリア時やゲームオーバー時の効果音や画面切り替えにこだわっています。他の人にテストをしてもらいアドバイスを受け、スタート時にボールが動き出すまでに間隔をあけ、どこから動き出すか分かりやすくしています。

講座に参加しての感想

自分の作りたいゲームを作れるという楽しさを実感しています。他の人が作ったゲームをやってみると、その人のこだわりや性格がわかります。分からないところをZOOMで先生に聞くことで、実際に画面に表示してくれるので分かりやすいです。

Aさんの作品

夜空を舞台にした、シューティングゲーム。次から次へと新たな敵が・・・!

【こだわりポイント!】5つのステージを作りました。ステージが上がるごとに難易度もあがり、敵機からの攻撃の仕方を変えています。作り始めたときに、せっかくだし幾つかステージを作りたいなと考えていました。背景にあった月に注目し、月を満ち欠けに合わせて、ステージを割り振ったり、背景色を変化させたりと細部まで手を加えました。

講座に参加しての感想

もともとゲームが好きで、いつか作ってみたいなと思っていました。取り組み始めると、改めて自分がゲームやゲームを作ることが好きだと感じました。楽しみながらできています。ただ、いざ始めると、いろいろなアイデアが浮かび、こだわりすぎてしまい、時間がかかってしまいます。今後は、こだわりつつも時間を調節しながらできたらいいかなと考えています。

Oさんの作品

海賊船vsサメ、海底での戦い(シューティングゲーム)

【こだわりポイント!】難易度を上げ、難しくしたところです。ボールをサメに当てられるギリギリのスピードに設定し、さらにサメの下にバーをおいて、ボールをブロックするようにしました。

講座に参加しての感想

講座に参加してみて、新しい技術が身につく感じがして良いと思っています。これまで、家庭用ゲーム機で遊んでいて、どんな風にゲームが作られているのか気になっていましたが、自分が作る側になり、いろいろな操作や動作をいくつも組み合わせて出来上がっていることがわかりました。ゲームで遊ぶときに、作った人はどんな気持ちだったんだろうか、どんな工夫を入れたんだろうか、と考えるのも楽しいです。

お問い合わせ

*就労支援センターひゅーまにあ宇都宮は、2020年10月よりチャレンジドジャパン宇都宮センターへ事業所名称を変更しました

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒320-0806 栃木県宇都宮市中央1-1-1 宇都宮アクシスビル 3階
電話:028-678-5385
メール:[email protected]

お申込みフォームの入力はこちらからどうぞ

〇お申込みフォーム

 

チャレンジドジャパン宇都宮センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン