11月度グループワークのご紹介

先週に引き続き、宇都宮センターのグループワークについてお伝えしていきます。意見のまとめ方などはその都度異なりますが、いつも同じルールが2つあります。1つ目は“多様な意見を受け入れること”、2つ目は“他人の意見を否定しないこと”です。他者を認め合い、様々な価値観に触れることは、自己理解することにもつながります。宇都宮センターのグループワークに参加してみませんか?

11月のグループワーク

日光東照宮

テーマは『栃木県の魅力度を上げるには?』でした。栃木県が魅力度ランキングで最下位となり、宇都宮センター一同衝撃を受けました。職場実習に向かう道中、利用者さんとこの話題で大変盛り上がったので、テーマとして選定しました。皆さんから出た意見を集約などせずに、発表してもらいました。

利用者さんの声

個人ワークの様子

参加した利用者さん3名に、今回のテーマについてやグループワークについての感想を教えてもらいました。

今回のテーマは難しかったです。個人ワークでは、スタッフにアドバイスをもらい幾つか書きましたが、自力では具体的な意見を書くことができませんでした。グループの人や全体の発表を聞いて、たくさんの意見を出していて「すごいな~」と驚きました。毎回感じていますが、テーマは普段考えないことを考えるいい機会になっていて、興味のなかった分野であっても、普段からテレビやニュースを見てみるなど情報収集しようと思うようになりました。(Kさん、女性)

自分が関心のあることから、魅力が上がればいいなと思い案を出しました。栃木のサッカーチームである栃木SCをJ1に上げるやコストコを誘致するなどの案を、グループのメンバーへ発表しました。グループ内では、有名テーマパークを作るをいう案を出した方がいて、自分にはない発想でした。いつもいろいろなことを分かち合え、楽しい時間です。次回も楽しみにしています!(Iさん、男性)

宇都宮はカクテルの街であるため、その部分をアピールするにはどうしたらいいかというところから考えました。Barの良さを伝えるようなマップを用意し、餃子の街と同じように知名度を上げていく案を出しました。他の方の意見を聞くと、かなりの数があがり、「栃木県って魅力たくさんあるじゃん!」と感じました。人と意見を出し合うことによって、一人では思いつかない発想や表現の仕方を知ることができ、いい刺激になります。司会や発表の係をこれまで担当してきました。緊張はしますが、何とか慣れてきました。グループに1名スタッフがいるので、すぐにフォローしてもらえ、安心感があります。(Aさん、男性)

担当スタッフより

皆さん懸命に考えていてくれていました。気になったのは、上位の県とコラボする、北関東で協力するなど、他と連携していくアイディアです。北関東で温泉手形を発行するなどは本当に実現できそうなものでしたので、機会があったら栃木県知事にお伝えしたいくらいです!また、県庁の外観をイチゴ柄にするというものも、面白いと思いました。現実的に実行が難しいくてもいいので、色々な方向から考えてみることが大切かなと思っています。普段気にすることはほとんどないのですが、自分たちの住んでいるところは、自分たちが良くしていくものだと私は思っています。栃木は魅力いっぱいの県なので、来年は順位が上がっていると良いなと思います。

まとめ

今回は身近なテーマで考え、話し合いをしていただきました。多様な意見を聞くことができ、お互いが良い刺激を受け合えるのがグループワークの醍醐味ではないでしょうか?スタッフが各グループに在籍しておりますので、不安感なく参加ができます。毎月実施しておりますので、ぜひお問い合わせくださいませ。

お問い合わせ

*就労支援センターひゅーまにあ宇都宮は、2020年10月よりチャレンジドジャパン宇都宮センターへ事業所名称を変更しました

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒320-0806 栃木県宇都宮市中央1-1-1 宇都宮アクシスビル 3階
電話:028-678-5385
メール:[email protected]

お申込みフォームの入力はこちらからどうぞ

〇お申込みフォーム

 

チャレンジドジャパン宇都宮センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン