祝!就職おめでとうございます☆

宇都宮センター利用者さんの就職が決まりました!以前、就労体験してみよう!の記事にてご紹介した利用者のYさんです。ちょうど一年前ぐらいから少しずつ就職活動を始めたYさん。新型コロナウイルスの影響で、中断していた時期がありましたが、今回実を結びました。利用者Yさんにお話を聞きました。

前途多難?!就職活動

スタッフと一緒に求人票を確認するYさん

一番最初に困ったことは、求人票の内容を細かく確認することでした。本格的に働く事は初めてだったので、聞き慣れない単語を一つ一つ調べたり、質問したりしながら、どんな仕事であるのかや福利厚生の部分などを理解していきました。
それから面接練習が始まると、話す内容をまとめることにも一苦労でした。頭では分かっていても、相手に伝わるように文章を組み立て、まとめる作業に苦戦しました。スタッフや家族に相談しながら就職活動を進めていきました。

⇒スタッフより
就職活動の支援はスタッフと二人三脚!ハローワークの同行や面接練習、応募書類の添削、面接同行などの支援を行いました。面接での所作や言いづらい事の伝え方など何度も練習し、自信を持って当日面接に臨みました。

やってよかった!訓練とは

模擬就労にて除菌作業を行っているところ

夏ぐらいにやっていた模擬就労は良かったと感じています。実際に働いている感覚を持ちながら過ごすことで、働いている自分をイメージすることができました。報告連絡相談が仕事を進めていくうえで重要だということがわかりました。チャレンジドジャパンのスタッフ一人ひとりが根気よく指導してくれることは、ここの良さだと思います。他にもパソコンの勉強ができたことやいろいろな講座を聞けたことも良かったです。

⇒スタッフより
模擬就労については以前お伝えした通りです。Yさんは模擬就労を通して、働く自分を意識し、報告連絡相談の回数や質を向上させ、より緊張感をもって取り組むことができていました。模擬就労が終わった後も、身につけたビジネスマナーは習慣化されていました。

これからについて

まずは内定をもらい、安心しました。真っ先に家族に報告すると、「良かったね!」と言って、喜んでもらえて嬉しかったです。就職先では、“雇って良かった”と言われるように頑張りたいです!言われたことを覚えて、正確に取り組めるようにしていきたいです。
通い始めてから、プライベートでの出来事を引きずり、通所が辛い時もありました。スタッフに相談しながら、通所を安定させて、ここまで来ることができました。自分がやってきたことが報われたと感じています。ありがとうございました。

⇒スタッフより
週3回の通所から始めたYさん。少しずつ生活リズムを整え、徐々にいろいろな訓練、作業を行っていきました。また多くの職場実習にも取り組み、コツコツと就労に必要なスキルを身につけることができました。まじめで実直なところがYさんの長所だと思います。強みを存分に発揮し、職場で活躍することをスタッフ一同願っています。今後は、職場定着に向けた支援をしていきます。今後もよろしくお願いします。

就職までの道のりについては、ぜひ下記よりお問い合わせください。

お問い合わせ

*就労支援センターひゅーまにあ宇都宮は、2020年10月よりチャレンジドジャパン宇都宮センターへ事業所名称を変更しました

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒320-0806 栃木県宇都宮市中央1-1-1 宇都宮アクシスビル 3階
電話:028-678-5385
メール:[email protected]

お申込みフォームの入力はこちらからどうぞ

〇お申込みフォーム

 

チャレンジドジャパン宇都宮センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン