就職者座談会~その3~

就職を目指すには、具体的にどんなことをしていくとよいのでしょうか。先日行われた就職者座談会では、今まで受けてよかったプログラムなど、たくさんの有益なお話をお聞きすることが出来ました。今回は皆さんにその内容をランキング形式でお伝えします。

仕事をしていて大事だと思うこと

1位 体調管理をすること

2位 コミュニケーション能力

3位 ビジネスマナー

アンケートにお答えくださった多くの就職者の方々が、「体調管理」を挙げていました。体調が悪いと、そもそも出社することができません。在宅勤務だったとしても、体調が悪い中働くことは出来ません。仕事をするということは、当たり前ですが「仕事をして労働力を提供し、その対価として給与をもらう」ことが大前提です。また、誰ともコミュニケーションを取らずに成り立つ仕事は、ほぼありません。その際、大切なのはビジネスマナーです。アンケート結果には、それらが表れています。

おすすめプログラム

1位 JST講座、ビジネスマナー講座

2位 対人行動講座、パソコン訓練

3位 自己理解講座、外部職場実習

JST講座は、職場における相応しいコミュニケーションをみんなで話し合いながら、ロールプレイを交えて学ぶ講座です。多くの就職された方が、JSTで学んだことを実践していると仰っていました。その他も実際に働くときに必要になるものが上位に上がりました。

仕事のやりがい

1位 「ありがとう」「助かったよ」など感謝の言葉をもらうこと

2位 お給料

3位 自分の成長

働くことは給与を得るだけではありません。社会に参加し、他者から感謝されることは何よりの喜びになります。
人は他者から感謝されることで、自己肯定感も高まると言われています。

まとめ

下のピラミッド図をご覧になったことがある方も多いと思いますが、この図は「就職準備性ピラミッド」と呼ばれています。
「就職」はゴールではなく、新たなスタート。長く働き続けるには就職してからも多くの努力が必要になります。

職業準備性

しかし、就職後にお一人で頑張り続けるわけではありません。そのため、就職されたほとんどの方が就労定着支援サービスを利用されています。「就労定着支援」では、働き出してからの生活上の変化や職場でのお困りごとなど、スタッフが職場に訪問したり面談したりしながら、就職された利用者さん、企業の方、チャレンジドジャパンの三者間で調整し、働く皆さんをサポートしていきます。就労定着支援を利用するには、就労移行支援などの訓練系サービスを利用していることが条件となります。詳しくはお住いの自治体にお問い合わせください。チャレンジドジャパンでもいつでもご相談を受け付けております。

お問い合わせ

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒320-0806 栃木県宇都宮市中央1-1-1 宇都宮アクシスビル 3階
電話:028-678-5385
メール:[email protected]

お申込みフォームの入力はこちらからどうぞ

〇お申込みフォーム

 

チャレンジドジャパン宇都宮センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン