役に立つ!電話応対訓練

みなさまこんにちは。チャレンジドジャパン立川センターです。
今日は立川センターで行っている「電話応対」訓練についてご紹介いたします。
この訓練は、他のセンターや本社など、社内からかかってくる内線電話だけではなく、市役所やハローワーク・相談支援事業所などの関係機関や、企業や卒業生など外部からかかってくる外線電話の取次ぎを行ってもらっています。

なぜ電話訓練が大切なのか?

事務の仕事では、電話応対が業務に含まれる会社もあります。そのため電話応対ができると就職の選択肢の幅が拡がります。実際、採用面接のときに「電話応対は大丈夫ですか」と質問された方もいます。その際に「チャレンジドジャパン立川センターで実際に行っていたため、問題ありません」と自信を持って答えることができると、企業の担当者にプラスの印象を与えることができるのではないでしょうか。

実際に訓練している利用者さんに質問しました!!

電話応対の様子

1.電話訓練をしたいと思ったきっかけは何ですか。

・事務系の仕事では、電話応対ができた方が就職する際に選択の幅が広がると聞いたことがきっかけです。
・聞くこととメモすることを同時に行うことが苦手で、それを克服しようと思ったからです。

2.訓練を経験してよかったこと、苦労したことは何ですか。

よかったこと
・電話に出る際に、何に困るのかがはっきりとわかったことです。(電話相手の会社名や施設名や名前の聞き取り、相手と話すタイミングなど)
・基本的な電話応対はできる、という自信がついたことです。

苦労したこと
・職員の方が不在の時の対応や、電話相手の聞き慣れない会社名・施設名や名前を聞き取り職員に伝えることです。
・応対に自信が持てないことがあったときです。
・長い社名は聞き取りづらいこと、それでもメモを取りながら話さなければならない事です。また、自分の状況や状態は関係なく電話が掛かってきたら応対しなければならない事もあります。

3.苦労したことをどのように乗り越えましたか。

・不安点、困っている点を職員の方に相談し、アドバイスを頂くようにしています。
・一度掛かって来た会社は覚えてしまうようにしています。
・第一声を発する前に、息を吸うことで声が出やすくなり気持ちも落ち着かせることができる、と職員の方にアドバイスを頂き、その効果を感じています。

4.電話応対訓練をする際に心がけていること

・応対時の声のトーンをワントーン上げるように気を付けています。
・訓練中に、いつ電話がかかってきても出られるようにすること、電話用のメモを近くに用意しておくようにしています。
・落ち着いて、はっきりとした口調を心がけています。また、いつもよりゆっくりと話すように心掛けています。
・応対の際は、立川センターの代表のつもりで出ています。

5.これから電話応対訓練を始める方への一言orアドバイス

・事務系の仕事を希望される方は、訓練することをお薦めします。
・訓練の場として、良い環境が整っていると思います。
・まずは挑戦する事が重要だと思います。
・怖がらずに取り組むことが大事だと思います。

ご協力いただいた皆様ありがとうございました!!チャレンジドジャパンでは電話応対訓練を含め、安心して働くことができるように様々な訓練を経験することができます。見学・体験の際にご説明いたしますので、お気軽にお申しつけください。

■お問合わせ

*就労支援センターひゅーまにあ立川は、2020年10月よりチャレンジドジャパン立川センターへ事業所名称を変更しました

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒190-0012 東京都立川市曙町1-11-9 五光曙第二ビル2F
電話:042-595-6891
メール:[email protected]

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

◯お申し込みフォーム

 

チャレンジドジャパン立川センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン