自分を客観視する力【メタ認知能力】

今回は先日、静岡センターで開催した特別講座自分を客観視する力 メタ認知能力についてご紹介いたします。

自分の認識を監視し、コントロールする

メタ認知」とは、「自分が物事を認識している状態を、客観的に認知している状態」のことです。私たちが生きている間にはいろいろな出来事が起こり、時には落ち込んだり悩んだりしてしまうこともあります。

その様な時には一旦冷静になって今やるべきことを整理する必要があるのですが、そうした場面でメタ認知能力は非常に重要なものです。講座の中では、参加者の経験談とその時の気持ちを実際に他者に演じてもらうことで、客観的に見つめ直すというワークも行いました。

参加者の声

参加された方の感想をご紹介いたします。

・客観的に自分を見ることで、落ち着いて判断することができるし、また違った考え方もできるようになると思いました。(Hさん)

・自分の思っていることを他人から聞くと、「そんなに落ち込まなくてもいいのにな」と考え込んでいるときより楽観的に考えることができている自分に気が付きました。(Oさん)

皆さんそれぞれに新しい知識や物の見方を得られた様子でした。

チャレンジドジャパンでは様々な講座を実施しております。ご興味を持たれた方や詳しく知りたい方は、ぜひ一度お気軽にお問合せください。

〇お問い合わせ

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒422-8067 静岡市駿河区南町18-1 サウスポット静岡7階
電話:054-204-3135
メール:[email protected]
(静岡市指定 就労移行支援・就労定着支援事業所)

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

◯お申し込みフォーム