職場で使える、適切な連絡方法!

今回は先日、行われた【JST講座】(←こちらをクリックしていただくと、講座の概要が分かります。)の内容を一部ご紹介させていただきます。

今回のテーマ『欠勤・遅刻を連絡する』

まず職員によるロールプレイを行い、意見交換をしました。今回は上司に始業1分前にSNSで欠勤の連絡をするという状況をお見せしました。

【ロールプレイを見て】

・SNSでの報告は良くない、・理由がはっきり伝えられていない、・1分前では遅すぎる

など様々な意見が上がりました。

その後は、皆さんに遅刻の場合、欠勤の場合、仕事の引継ぎがある場合それぞれの場面では、どのように連絡するのが適切であるかをグループワークの中で考えていきました。

【講座に参加した利用者さんからは】

○遅刻や欠席はできるだけしない方が良いですが、どうしてもその状況になってしまった時には理由、お伺い、謝罪の言葉が重要であるなど対処法を知ることができて良かったです。

○自分では気が付かなかった意見が聞けて良かった。

などの感想がありました。

しっかりと報告すれば問題なし

遅刻や欠席の連絡はどうしても気が引けてしまいできればしたくないという方も少なくないと思いますが、できるだけ早く行うことによって同僚への影響を最小限に留めるメリットがあります。

意見交換しながら考えていくことで自分では気が付かなかった考え方や見え方に気が付くことが出来、上手に伝えるためのタイミングや方法について学んでいただくことが出来たのではないかと思います。

JST講座に関して、詳しく知りたい方、興味がある方はぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

〇お問い合わせ

*就労支援センターひゅーまにあ静岡は、2020年10月よりチャレンジドジャパン静岡センターへ事業所名称を変更しました

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒422-8067 静岡市駿河区南町18-1 サウスポット静岡7階
電話:054-204-3135
メール:[email protected]
(静岡市指定 就労移行支援・就労定着支援事業所)

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

◯お申し込みフォーム