産業構造の変化を捉える

港南台髙島屋(横浜市港南区)が8月16日に閉店、
1983年の開業から37年の歴史に、幕を下ろしました。

神奈川県内では伊勢丹相模原店が2019年に閉店、さいか屋横須賀店も2021年2月の閉店が発表されています。
相次ぐ閉店で、政令指定都市である川崎市(人口:約150万人)、相模原市(人口:約72万人)でも百貨店は一つも存在せず、人口920万人を有する県内において、百貨店が立地するのは横浜市(7店舗)と藤沢市(2店舗)のみとなります。

百貨店の業務

各百貨店の業務でも障害のある方が活躍されています。
「品出し」や「商品整理」「発注」「カート回収」など、他の小売業と共通の業務がある一方、
「贈答用のリボン作成」や「雨天時用の買い物袋作成(紙袋の上からビニールを被せる)」など、
百貨店らしい業務もあります。

求職活動の際の情報収集

百貨店はブランドイメージゆえに人気のある職場ですが、店舗の縮小に伴い雇用も少なくなっています。
一方でスーパーマーケットやファストファッションなど、店舗数を増やしている業態では求人も数多く出ています。
百貨店に限らず、人気があって求人数が少ない業種は狭き門になります。
就職活動の際の会社選びでは、希望する業界の情報収集も必要です。

ひゅーまにあでは各企業の担当者と情報交換し、求人情報などの収集に努めています。
就職を目指している皆様、ぜひ私どもにご相談ください。

〇お問い合わせ

*就労支援センターひゅーまにあ新横浜は、2020年10月よりチャレンジドジャパン新横浜センターへ事業所名称を変更しました

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2丁目14−27 新横浜第一ビルディング6階
電話: 045-620-9082
メール:[email protected]
(横浜市指定 就労移行・就労定着支援事業所)

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

〇お申込みフォーム

 

チャレンジドジャパン新横浜センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン