インタビュー”ひゅーまにあを選んだ理由”

見学・体験を経て、ひゅーまにあ新横浜の利用を開始された方に、
選んだ理由をインタビューしました。

Nさん(精神障害・女性)

ひゅーまにあ新横浜を見学後、3日間の体験を経て利用を決定。
現在は日々トレーニングに励んでいらっしゃいます。

ひゅーまにあ新横浜を知ったきっかけは何ですか?

区役所のワーカーさんから紹介されたことがきっかけでした。私は当初PCを扱うことに苦手意識がありましたが、克服したい気持ちもありました。ひゅーまにあではPC系のトレーニングだけでなく、軽作業のトレーニングもしているので、私の目指すこと(PC系)、できること(軽作業系)どちらにも対応でき、合っているのではと言われたことで見学を決めました。

見学した時の感想を教えてください。

第一印象は、雰囲気が良くて「私でも通えそうだ」ということです。ひゅーまにあを見学する前に、他の就労移行支援事業所や作業所の見学にも行きましたが、トレーニング内容がある分野に特化していたり、雰囲気が自分とは合わない感じがしたので、体験には行きませんでした。

体験ではどんなことをしましたか?

講座の受講とタイピングトレーニングを行いました。元々苦手意識があったPCに触れる経験が出来たことも良かったですが、見学時にスタッフさんからの説明でビジネスマナーや自己理解についての講座があることを知り、とても魅力的に思っていたので、受講出来て良かったです。就職するにあたって、知らないことがたくさんあって不安だったのですが、講座で自分に足りない知識を身につけたり、自分を振り返る機会ができたことも利用を決めた理由の一つです。

利用し始めてからの状況や感想はどうですか?

利用開始当初はPCに触れるだけでも不安があったのですが、タイピング練習から始め、現在はデータの入力や修正のトレーニングをするようになりました。基本的には一人でトレーニングに取り組みますが、困った時はスタッフさんが丁寧に教えてくれるので、スタッフさんの距離感もちょうど良いと感じています。ある程度PCの操作が出来るようになってきたので、少し自信が出てきました。また、個別の面談時に分からないことを質問して解決できる点も良かったです。

最後に、これからひゅーまにあの利用を考えている方にメッセージがあればお願いします。

ひゅーまにあ新横浜には色々な障がいを持っている方が通っていて、年齢も様々です。だからといって過ごしにくいということはなく、落ち着いた環境で皆さん親切なので、「ここにいて大丈夫」「自分は受け入れられている」と感じます。障がいの種類や、年齢、性別にかかわらず、過ごしやすい雰囲気ではないかと思います。迷われている方は、一度いらしてみることをお勧めします。

「興味はあるけれど、一人では見学に行きにくい」という方は、ご家族や支援者の方と一緒にお越しいただくことも可能です。ご本人やご家族が就労移行支援事業所をお探しの方、また、就労移行支援についてまだ具体的なイメージが湧かないという方も、どうぞお気軽にお問合せください。ご連絡を心よりお待ちしております。

〇お問い合わせ

*就労支援センターひゅーまにあ新横浜は、2020年10月よりチャレンジドジャパン新横浜センターへ事業所名称を変更しました

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2丁目14−27 新横浜第一ビルディング6階
電話: 045-620-9082
メール:[email protected]
(横浜市指定 就労移行・就労定着支援事業所)

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

〇お申込みフォーム

 

チャレンジドジャパン新横浜センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン