桜美林大学で講義を行いました

桜美林大学(東京都町田市)健康福祉学群 社会福祉専修の学生を対象に講義を行いました。


7月14日「相談援助活動と就労支援・更生保護」(担当:谷内 孝之 准教授)の授業で、当社の社員3名が就労支援の具体的な取り組みや課題、職員が就労支援に携わるやりがいなどについてお話ししました。


桜美林大学は現在オンラインで授業を行っており、当日もビデオ会議システムZoomを利用し、講義を行いました。
2年生を中心に40名ほどの学生が受講し、熱心に耳を傾けていました。

就労支援の取り組み

初めに冨張 佑介(神奈川エリア基幹センター長)から、就労移行支援の説明や当社で行っているトレーニングの紹介、職場定着支援の実例、課題などについて説明しました。
就職前の”ジョブマッチング”が重要という話や、企業が応募する方に期待していることなどを盛り込みながら、約70分お話ししました。

志望動機・やりがい

当社に今春新卒入社した中瀬 翔太(ひゅーまにあ川崎 生活支援員)からは、大学時代に力を入れた事、当社の志望動機、現在のやりがいや大変なことなどについてお話ししました。
福祉を専攻して入社した中瀬からの話では、進路選択の参考になる情報をお伝えすることが出来ました。

センターからの中継

続いて永嶋 浩二(ひゅーまにあ新横浜 センター長)が、ひゅーまにあ新横浜で利用者の皆さまがトレーニングしている様子をZoomで中継しました。それぞれの方がトレーニングに取り組んでいる様子を見ていただき、その後2名の利用者の方から取り組んでいる内容についてお話を伺いました。
事業所からの中継はオンライン講義の長所を活かしたものとなりました。


講義終了後は学生の皆さまから、多くの質問が寄せられ、予定の時間を超過するほど積極的な質疑応答が行われました。


ひゅーまにあ川崎     TEL: 044-589-4693
ひゅーまにあ新横浜  TEL: 045-620-9082
ひゅーまにあ相模原  TEL: 042-753-8607 
ひゅーまにあ藤沢   TEL: 0466-47-6271