職場での体調不良、どう伝える?

今回のJST(ジョブスキルトレーニング)では、
「職場で不調になった時の伝え方」をテーマに、どんな伝え方をすると良いのかを皆さんと考えました。

体調変化のサインは赤信号?黄信号?

今回プログラムに参加される皆さんには、「自分の体調変化のサイン」を事前課題としてまとめて頂き、

本格的に調子を崩してしまう「赤信号サイン」の前に、不調に気付くことの大切さについて確認を行っています。

赤信号サインは人それぞれですが、体の不調(だるい、食欲がない、頭痛、等)だけでなく、心の不調(イライラ、不安、意欲低下、等)として現れる場合もあります。

調子の良くない日は、体だけでなく、心の声にも耳を傾けることが必要かもしれませんね。

職場での場面を想定しよう

不調のサインを確認した後は、職場で不調になった時の場面を想定して、ロールプレイを行いました。

働く上で健康を維持することはもちろん重要ですが、万が一に備え、体調を崩した際の伝え方を知っておくと、

「調子が悪いけど言い出せない…どうしよう」という不安が少し軽くなるのではないでしょうか。

JSTプログラムでは、今後も「職場でのどうしよう?」を解決する為の方法を皆さんと考えていきたいと思います。

見学や体験もできますので、ご興味をお持ちの方は、
ぜひチャレンジドジャパン仙台長町センターへお問合せ下さい。

〇お問い合わせ

*就労支援センターひゅーまにあ広瀬川は、2020年10月よりチャレンジドジャパン仙台長町センターへ事業所名称を変更しました

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒982-0011宮城県仙台市太白区長町3-4-16 キャピタルプラザ長町オダシマビル2階
電話:022-398-6931
メール:[email protected]

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

◯お申し込みフォーム

 

チャレンジドジャパン仙台長町センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン