日頃のお困りを、様々なアイディアで解決! JST(問題解決型)プログラムのご紹介

チャレンジドジャパンでは、利用者の皆さんの日頃のお困りごとについて、
皆さんで解決策を考える、JST(問題解決型)プログラムを行っています。

JST(問題解決型)プログラムとは?

JST(問題解決型)プログラムとは、

JST=「Job・Skill・Training」の頭文字をとり、別名「職場生活技能」と呼ばれる
職場での場面に応じたコミュニケーションスキルを身につける プログラムを発展させたものです。

利用者の方から日ごろのお困りごとを話していただき、
参加されている皆さんでアイディアを出し合い、解決策を考えます。

  

お悩み:慣れない場所に行くと疲れすぎ、次の日も疲れをひきずってしまう

1月20日のプログラムでは、Aさんから

お悩み:「慣れない場所に行くと疲れすぎ、次の日も疲れをひきずってしまう」

目標:「慣れない場所に行っても、翌日に疲れを持ち越さないようになりたい」

というお話がありました。

  

まず、職員がインタビューし、状況や原因を整理します。
今回は、電車を間違わないかという不安や、
帰った後もなかなか気持ちを切り替えられないことに、解決の糸口を見いだせそうでした。

   

参加された皆さんからの 様々なアイディア!

その後、参加された方から、たくさんの解決アイディアを出していただきました。

電車の負担を減らすために、

・休日に電車に乗って散歩してみて、公共交通機関に慣れる
・You Tube の乗り換え動画を探してみる(仙台など大きい駅はいくつも動画があるそうです!)

身体からリフレッシュするために、

・深呼吸する
・こわばった身体をストレッチでほぐす
・お薬を飲む
・運動してメリハリをつける

そのほか、

③「終わったら○○をする!」など、ごぼうびを決めておく

④よかったこと日記をつけて、自分に自信をもつ

⑤不安な気持ちを人に話す など、たくさんのアイディアを出ました!

  

最後は、Aさんに、
「自分にとって効果がありそうか」、
「すぐに行えそうか」などを判断していただき、

行動計画を立てて、プログラムは終了です。

Aさんからは、
「自分にない発想をたくさん教えていただけて、とてもありがたかったです」と感想が聞かれました。

  

実際の効果は…?

次の日、Aさんは少しすっきりされたように見えました。

お話を伺うと、

「家でさっそく、ストレッチを試してみたところ、すぐに効果を感じられました!」とのこと。

自分に合う解決法を見つけることができたと、笑顔で話されていました。

  

アイディアを出し合う = 自分の困難にも、やわらかいアタマで考えられるように!

JST(問題解決型)プログラムは、
アイディアを出し合う参加者の方にとってもメリットがあります。

他の人のお困りごとについて、
 ①整理し、
 ②様々な角度から物事を捉え、
 ③自分では思いつかない捉え方や、アイディアを知る

ということを、実際に体験することで

自分が別の困難に直面したときにも、役立てることが出来ます。

      

(また、職員の私は、仙台中央センターの利用者の方々が、
 毎回とても親身にアイディアを考えていらして、とてもステキだと思っています!!)

  

チャレンジドジャパンでは、就職活動、また安定して長く働いていく上でお役に立てるような
様々なプログラムを提供しています。

見学・体験を随時受け付けておりますので、
ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

◯お問い合わせ

*就労支援センターひゅーまにあ仙台中央は、2020年10月よりチャレンジドジャパン仙台中央センターへ事業所名称を変更しました

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡4-12-12 L.Biz仙台 3F
電話:022-794-9855
メール:[email protected]

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

◯お申し込みフォーム

 

チャレンジドジャパン仙台中央センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン