ワーキングコミュニケーション~自分と他者の内面を見つめる~

外部講師講座「ワーキングコミュニケーション」

チャレンジドジャパン仙台センターでは、外部講師をお招きし毎月様々な講座を開催しています。今回はその中から、仕事や日常で役立つコミュニケーションについて学べる「ワーキングコミュニケーション」講座をご紹介します!

担当の熊谷先生にお話を聞きました

ワーキングコミュニケーションを担当されている熊谷先生。

ワーキングコミュニケーションって?

≪ワーキング(仕事の場で使う)コミュニケーション≫という講座名ですが、仕事とプライベートの両方で使える・応用できるコミュニケーション方法が身に付くよう、講座を行っています。

コミュニケーションは人が社会生活を送るにあたって必要なものです。コミュニケーションに苦手意識があると、うまく相手に伝えられず、後ろ向きな気持ちになってしまうこともありますよね。でも、コミュニケーションは決して難しいことではなくて、ちょっとした“コツ”があるんです。皆さんには「自分にとって使いやすいコミュニケーション方法」を知ってほしいと思います。正解はないので、色々な言い方や手段を身に付けてほしいな、と思いながら、講座を行っています。

今回は「5WHを使って、最近心が動いたことを伝える」がテーマでした。「自分が自宅で夜中にお手洗いに起きたら、暗かったので、ぐにゃりとナメクジを踏んだ」との発表には、みなさんから「説明が上手いですね!気持ちが伝わってきます…」との声が…

講座の最初に顔文字を書くのはなぜ?

当講座では、最初に全員に自身の今の体調・気分について発言してもらい、それを書記担当がホワイトボードに顔文字として記入していきます。

自分の状態を知る

対人場面では、自分の今の状態を知っておくことが、とても重要です。
体調が悪い時は、仕事の場面でミスが出やすいですし、表情や雰囲気で暗い印象を相手に与えがちです。逆に気分がとても良い時は、周りが見えなくなるくらいにテンションが上がっていることもあるかもしれません。自分の状態を知っておくことで、誰かに会う前に「ちょっと調子悪いから無理しないでおこう」「嫌なことがあったから暗い顔をしていないかな」「良い出来事で舞い上がりすぎていないかな」と自分を振り返ることができます。
もし仕事で失敗してしまっても「今日は体調悪かったから」と、必要以上に自分を責めずにすむこともあるかもしれません。また、自分は幸せいっぱいの状態でも、悲しいことがあった隣の人の表情に気がづくことが出来るかもしれませんね。

他者の状態を知る

また逆に、他の人の体調・気分を聞くことで得られる効果もあります。
皆さんの中には、人の内面を推し量るのが苦手な人もいますよね。「疲れている」と発言は同じでも、態度・表情・声色は人によって違います。明るく言う人もいれば、暗い表情で言う人もいます。講座の最初に皆さんの調子を聞きながら、発言している人の表情や様子を観察することで、「この人は調子悪いけど、表面にでないんだな」「いつもと同じように見えるけど、良い事があったんだな」と推し量ることができるようになります。
他の人の状態・体調を聞く機会はあまりないと思うので、他社の気持ちを推し量る参考にしていただきたいですね。

参加者を見ていて感じること

皆さん、「自分から考えを発信できているなあ」と感じます。もちろん通所してすぐのうちは緊張もありますし、積極的に自分の意見を言うのは難しいと思います。でも何回か講座に参加されている方だと、講座中にふいに話を振っても、自分の言葉で返してくれますね。それを見ていると「自分にとって使いやすいコミュニケーション方法」が身に付いて来ているのかな、と思います。

ワーキングコミュニケーションに参加した感想

訓練生Kさん

私はこの講座で「固執していても仕方ない・コントロールできない問題(相手・過去・天気など)を放り投げる。ネガティブに捕らわれない」という考え方を学びました。「ネガティブと向き合うととても疲れるので、放り投げてもいいんだよ」と先生から最初に聞いたときは、「そんな考え方もあるのか」と驚きでした。
相手と円滑な関係を築くとともに、自分のメンタルをいい状態で維持する方法を学べるのが、ワーキングコミュニケーショ良い所だと思います。

訓練生Oさん

講座に参加する前は、「ワーキングコミュニケーションって何をするんだろう…」と不安な気持ちでした。しかし実際に参加してみると、コミュニケーションの仕方が分かりやすく学べて勉強になりました。特に、相手を傷つけないように、でも自分の意見をしっかり伝える方法(アサーティブ・コミュニケーション)がとても参考になりました。
次回も、ぜひ参加したいです。

〇お問い合わせ

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町3-5-22 宮城県管工事会館8階
電話 : 022-399-8956
メール : [email protected]

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

〇お申込みフォーム

 

チャレンジドジャパン仙台センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン