勾当台公園周辺 散策イベントを行いました

休日開所イベントとは?

チャレンジドジャパン仙台センターでは、定期的に休日開所イベントを開催しています。
今回は、仙台センターがある勾当台公園周辺を散策する「勾当台公園 歴史・文化巡り」イベントを行いました。
企画は広報課が担当しました。(広報課の詳しい紹介記事はこちら https://ch-j.jp/sendai-news/78862/)

イベントの様子をご紹介します(訓練生Sさん)

当日は、台風が近づいているという天気予報に不安を抱えてのスタートでしたが、曇りで蒸し暑かったものの、雨は降らず一安心でした。
広報課で作成した「散策のしおり」を皆さんにお配りし、仙台センターを出発しました。

広報課メンバーで「勾当台公園 歴史・文化巡り」をテーマに、
散策のしおりを作成しました!
出発です!

県庁の花時計

参加者17名で勾当台公園へ向かう道を歩くと、途中で県庁前の花時計前に差し掛かりました。スタッフより、ここは災害時の緊急避難場所であるという説明もあり、全員がしっかり耳を傾けていました。(避難訓練についての記事はこちら https://ch-j.jp/sendai-news/85136/)

季節柄、残念ながら花は咲いていませんでしたが、温かい時期には綺麗な花壇を見ることができる場所です。

勾当台公園には何がある?

花時計前から2~3分ほど歩くと、勾当台公園に到着です。
「勾当台」の名前の由来は、盲人の狂歌(短歌)師である「花村勾当」の屋敷があったこと、また小高い台地であったことからだそうです。皆さん、しおりを見ながら「知らなかった」と声を上げていました。

また勾当台公園は「いこいのゾーン」「にぎやかゾーン」「歴史のゾーン」に分かれています。
いこいのゾーンは壁水が気持ちよく、たくさんのベンチがあるので昼時はお弁当を食べている方もいます。音楽堂(ライブなどが開催されていることも)の横手には平和記念像があり、そのすぐ後ろには「定禅寺通り」の由来である定禅寺跡があります。

「定禅寺」は戦国時代に伊達政宗の祈願寺として建立されたお寺です。みなさん、興味深々に定禅寺跡を見ていました。

また、勾当台公園にはたくさんのモニュメントもありました。江戸時代に活躍した仙台出身の第4代横綱「谷風」の銅像(ちなみに現横綱、照ノ富士は第73代横綱です。)は足がとても大きく、成人女性の手の3個分ほどでした!

こちらの銅像は等身大で作成されているそうで、当時の大きさを実際に感じることができました。皆さん、さすがは横綱と感心されていました。

壁水の前の階段を降り、向かった先には「志賀潔」の銅像がありました。

志賀潔は赤痢菌の発見で有名な方で、仙台藩出身で一高から帝国大学医学部に入学したそうです。「仙台出身と知らなかった」という方が多くいました。

次に向かったのは「にぎやかゾーン」です。催し物等で、いつもたくさんの人でにぎわう場所です。ここには特徴的な形の彫刻「時の広場―Piazza dal  Temio―」がありました。「このモニュメントはチーズがモチーフ?」と思っていた方が多かったのですが、実は先端がミラノの方角を示しているそうです。

山形県出身、ミラノ在住の吾妻兼次郎さんの作品です。くりぬかれた穴を通ると彫刻が完成するというスタッフの説明を聞いて、さっそく通り抜けてみる方もいました。

次は「歴史ゾーン」に向かいました。ここには林子平の銅像がありました。林子平は「寛政の三奇人」一人と言われています。

熱心に説明書きを読まれている利用者さんもいました。

こちらは、仙台藩の藩校「養賢堂」や旧県庁舎が建てられていた場所を示す「古図広場」です。地面に仙台の地図が描かれており、皆さん興味深そうに仙台センターの場所を探していました。毎日通っている場所に、こんな意味があったんだと感慨深く思いました。

いつも鳩がたくさんいる場所です。通勤時、何気なく通り過ぎている方も多いのではないでしょうか?

ちなみに今回、散策のしおりには近隣のスイーツ店なども掲載。勾当台公園近くのマカロンで有名な洋菓子店「kazunori ikeda」には、利用者の半数以上の方が「行ったことがある」と話されていました。モンブランやカヌレもおいしいよ、と話されている方もいました。私も、ぜひ食べてみたいと思いました。

定禅寺通りへ

定禅寺通りも、皆さんで散策しました。定禅寺通りは言わずと知れた仙台のメイン通りで、「杜の都」の象徴です。近くには散策のしおりにも載っている、スコーンとコーヒーがテイクアウトできる店もありました。ぜひ、今度利用したいと思いました。

東西700メートルにわたってケヤキ並木が続いています。エミリオグレコなど有名な像が遊歩道に並び、ちょっとした野外美術館のようでした。

企画担当 広報課より(訓練生Sさん)

このイベントは、8月の広報課のミーティングにて持ち上がりました。「県外から仙台に引っ越してこられたスタッフさんに、センター周辺を案内しよう!」それが勾当台公園・歴史文化巡りのスタートでした。

散策する場所を話し合い、広報課メンバーで役割分担してしおりを作成しました。

イベント終了後には、参加された利用者の皆さんから、

「イベントのしおりがとても読みやすかったです。一つ一つの場所、銅像の説明などが書かれていて、写真もあり、とても分かりやすかったです。」
「この日を楽しみにしていました。勾当台公園の銅像や場所・近隣のお店の説明を聞いて、いい勉強になりました。また利用者さんの方とお話できたのも良かったと思います。」
「普段何気なく歩いているところにも様々な歴史があるとわかり、大変勉強になりました。」
「雨が降った後で湿気と暑さがありましたが、楽しく参加できました。」


との声を頂きました。

今回、イベントの企画立案・準備を約1ヶ月かけて行いました。皆さんに楽しんで頂けるように、試行錯誤しながら散策のしおりを作成し、散策場所の下見にも行きました。楽しそうに、また興味深そうに参加して下さる皆さんの様子を見て、「わたしたちの頑張りが皆さんに伝わったんだな」と疲れが吹き飛び、とてもやりがいを感じました。
企画立案・準備をした広報課の皆さん、そして参加してくださった利用者の皆さん、本当にお疲れ様でした。


〇お問い合わせ

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町3-5-22 宮城県管工事会館8階
電話 : 022-399-8956
メール : [email protected]

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

〇お申込みフォーム

 

You need to add a widget, row, or prebuilt layout before you’ll see anything here. 🙂
チャレンジドジャパン仙台センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン