避難訓練 ~「もしも」に備える~

避難訓練を行いました

チャレンジドジャパン仙台センターでは、半年に1度、避難訓練を実施しています。
9月に行われた、今年の2回目の避難訓練の様子をお伝えいたします。

朝礼後に、大きな地震が起きたと想定

スタッフが鳴らした緊急地震速報を合図に、全員が作業室のデスクの中にもぐり、落下物から身を守ります。その後、スタッフの指示に従って防災セットを背負い、ヘルメットをかぶり、持ち出し用の救急箱を持って非常階段から降りて行きます。


チャレンジドジャパン仙台センターはビルの8階にあり、利用者の皆さんは普段エレベーターを使用することが多いのですが、地震によりエレベーターが停止していると想定し、避難口である非常階段からの避難です。非常階段は普段は使用禁止のため、初めて使うという方がほとんどでした。

避難順路を確認しながら移動します。

第一避難場所に到着しました

実際の避難と同等の緊張感の中、みなさん粛々と移動し、県庁の花時計前(第一避難場所)に集まりました。人数が多いため、途中列が長く伸びてしまうことがありましたが予定していたよりも早く避難ができました。

第一避難場所に到着後、スタッフより避難にかかった時間や様子などについて、みなさんにお伝えしました。

感想(訓練生Aさん)

今回の避難訓練を経て、まず参加者全員が避難先を覚えることが重要だと感じました。避難経路は事業所内にも写真付きで掲示されてますが、実際に歩いてみることで、忘れることを防げると思います。また、避難途中で列が長くなってしまうなど、集団で避難することの難しさもあると感じました。今回の避難訓練ではみなさん真剣に参加され、予定されていた避難時間よりも早く行動ができたので、良かったと思います。

避難訓練を終えて ~日頃から災害に備えましょう~

事業所に戻ってから、スタッフから利用者の皆さんに「119番通報時の注意点」や「消火器の使い方」などについて、レクチャーを行いました。自然災害は突然にやってきます。「いざ」という時に冷静に行動できるよう、日頃から災害に備えましょう。

〇お問い合わせ

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町3-5-22 宮城県管工事会館8階
電話 : 022-399-8956
メール : [email protected]

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

〇お申込みフォーム

 

チャレンジドジャパン仙台センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン