課活動「庶務課」の魅力をお伝えします!

チャレンジドジャパン仙台センターではセンター内の訓練の一環として、より実務に近い経験を積むために「課活動」を行っています。

現在、「総務課」「庶務課」「環境衛生課」「広報課」の4つの課が、それぞれに業務を行っています。

前回の総務課に引き続き、第三弾として今回は「庶務課」の魅力について利用者Kがお伝えします。

郵便物の発送準備を行う様子です。

「庶務課」の魅力3選

1.幅広い作業ができる

利用者が使用する講座資料を綴じたり、講座で使用するプロジェクターの設置や利用者が使用するウォーターサーバーの補充などを行っています。
また、使用後書類のシュレッダー作業、雑紙を紐でまとめる作業、講座で使用した物品の洗浄など、準備から片付けまでを担当します。
なお、冬は加湿器の設置など、季節によって業務は多岐にわたります。

―――いろいろな作業が経験出来るので、社会に出た時に役に立つと思いますす。特に、プロジェクターはこれまで触れる機会が無かったので、勉強になりました。

2.気配りが出来るようになる

課活動のメンバーと協力して作業をするうちに、自然と気配りができるようになります。

―――毎朝行われるモーニングエクササイズの為に、プロジェクターを2人ほどで準備・設置します。担当メンバーが休みの場合は、その日通所している庶務課メンバーで声を掛け合って代わりに行っています。自分の当番ではなくても、気を配る習慣がつきました。

―――ウォーターサーバーは朝・昼・帰り際に水の補充が必要です。特にお昼は水の減りが早いため、こまめに確認をしています。補充を一人でしていると、庶務課のメンバーが「手伝いましょうか?」と協力してくれます。

―――庶務課の仕事は、一人で取り組むというよりも、課のメンバーと協力して行うことが多いため、協調性が身に付きました。

3.縁の下の力持ちになれる

目立つ業務ではありませんが、日々、なくてはならない役割を担っています。

―――目立つ仕事ではないので、縁の下の力持ちだと思います。利用者が訓練を行う上で必要なサポートする仕事が多いです。

―――体力仕事や思ったより動く作業もあり、やりがいがあります。

編集後記

庶務課の仕事は「縁の下の力持ち」として、講座や事業所を支える仕事が多いと感じました。
私たちが、毎日気持ちよく訓練を受けられるのも、庶務課の皆さんのおかげだと思います。
庶務課は普段からメンバー同士で「手伝います」とかけ寄ったり、お互いに助けあう姿をよく見かけます。
今回取材をしたことで、気配りの出来る方たちが多い理由が分かりました。
チームでの協力や、細かい気配りはどこの職場に行っても活かせる素敵なスキルではないでしょうか。
ご協力いただいた庶務課のみなさん、ありがとうございました!

≪今回の記事は利用者Kさんにご協力いただきました≫

〇お問い合わせ

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町3-5-22 宮城県管工事会館8階
電話 : 022-399-8956
メール : [email protected]

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

〇お申込みフォーム

 

チャレンジドジャパン仙台センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン