スキャン訓練 ~時代はペーパーレス~

チャレンジドジャパンでは、職業スキルプログラムの一つとしてスキャン訓練を行っています。

スキャンとは?

書類などの紙を、デジタルデータ(画像ファイル)にするために読み取ることを「スキャン」といいます。
スキャンしたデジタルデータは、JPEGやPDFなどの画像ファイルとして保存できます。画像ファイルからプリントしたり、メールに添付して送ったりすることができます。
今ではぺーパーレス化に伴い、書類を紙で保管せずにスキャンしたデータのみを保存する企業も多くあります。事務職や書類を扱う仕事を目指される方は、「スキャン」のスキルを身に着けておくと、実際の業務に就いた時にスムーズに作業をすることができます。

複合コピー機を使って実際にスキャンします!

訓練生Sさんにスキャン訓練について聞いてみました!

スキャン訓練はどんな講座ですか?
ペアを組んでスキャン操作と仕上がり確認を交互に行います。
スキャン訓練は人気の講座で、参加者が多く、時間内に終わらないこともあります。

―スキャンの操作は身につきましたか?
今回で2回目の参加になるのですが、前回から日にちが空いたので少し自信がありませんでした。それでも前回に比べてスムーズに操作できたのでうれしかったです。

―スキャン訓練はどんなところが難しいですか?
スキャンはコピー機やパソコンなどの機器の操作なので、最初は指示書があっても迷ってしまいます。慣れてくるまでは、かなり頭を使う作業だと思います。

―スキャン訓練で気を付けていることはありますか?
気をつけていることは、コミュニケーションです。自分たちのペアのスキャンが終わった後に、次のペアにコピー機が空いたことを伝えに行くのですが、自分から声をかけなくてはいけないので緊張します。また、相手ペア同士で話していたりするのでタイミングを見計らって声をかけるのも大切だと思います。職場での報連相の練習になっています。

―ペアでのコミュニケーションはどうですか?
初めて訓練に参加する人や、操作をまだ覚えていない人とペアを組んだりしたときは、自分が教える側に回ることがあります。相手に教えることで、自分が操作を覚えることにつながっていると思います!

―確かに、今回の講座でもペアで話し合って良い雰囲気で訓練していると感じました。
最後に、スキャン訓練をまだしたことがない人にメッセージをお願いします。

スキャン訓練は、やって損のない訓練だと思います。事務の仕事に活かすことができます。
職場にあるコピー機を使ってスキャンをする経験は家ではできないので、ぜひチャレンジドジャパンで一緒に訓練しましょう!

スタッフより

Sさんのお話の中にもありましたが、スキャンは操作を覚えるのが難しく慣れも必要です。もっとスキャンの操作に慣れたい、実際の仕事に近い形で訓練をしたい、などのニーズに合わせて個別訓練もすることができます。スキャン訓練に参加して、ぜひ一緒にペーパーレス化の波に乗りましょう!

チャレンジドジャパンでは、一人一人の就労目標に合わせたスキルを身に着けることができます。見学・体験を随時受け付けておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

〇お問い合わせ

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町3-5-22 宮城県管工事会館8階
電話 : 022-399-8956
メール : [email protected]

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

〇お申込みフォーム

 

チャレンジドジャパン仙台センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン