分解して組み立てよう!~三色ボールペン編~

みなさん、こんにちは。だんだんと涼しくなってきて衣替えの時期となりました。いかがお過ごしでしょうか。

分解・組み立てとは

その名の通り、ものを分解し組立てる訓練です。今回は三色ボールペンを用いて行いました。

訓練の流れ

チャレンジドジャパン仙台センターでは、各々が個別に以下の手順で訓練を行います。

分解

①分解の準備
・ボールペン5本を並べる

②分解
・ボールペンのペン先をはずす
・ペン先とナットを指定の部品収納ケースに入れる
・3色の芯を取り出す
・キャップを指定の部品収納ケースに入れる
・3色の芯をまとめている留め具を抜く
・芯についているスプリングをとる
・スプリングを指定の部品収納ケースに入れる
・芯についている3色のノック部分をとる
・ノック、芯それぞれ色を確認し、指定の部品収納ケースに入れる
*作業の開始時ストップウォッチで時間を計る

③確認
・部品をすべて確認する

組み立て

①組み立て
・色を確認しながら芯にノックをはめ込む
・3色の芯の位置が見本と同じになるように芯を1本ずつキャップに入れる
・芯1本ずつにスプリングを入れる
・とめ具のくぼんだ部分クリップ側にして入れる
・ナットをペン先の方に入れ、キャップをはめる
*作業の開始時ストップウォッチで時間を計る

②確認
・スタッフさんにチェックシートを記入していただく

どんな能力が身につくの?

分解・組み立てでは、様々な力を養う事ができます。
・集中力
・正確に作業する力
・迅速に作業する力
・細かい作業を行う力

分解・組み立ては工場などで必須になってくることが多いです。皆さんも分解・組立の講座を通して、就労に必要な力を身に付けてみませんか。

編集後記

今回は分解・組み立てについて書きました。皆さんいかがでしたでしょうか。私も初回は、分解はできても組み立てが難しく苦戦しました。何回も取り組んでいる内に集中力が上がるので、必要な訓練だと感じています。何分でできるかというスピード正確性、そして集中力が必要な作業となります。まだまだ、新しい訓練やチャレンジドジャパンの魅力を紹介していきますので、次回のWEB記事も楽しみにしていて下さい。
今回の記事は訓練生のOが作成致しました。

〇お問い合わせ

*就労支援センターひゅーまにあ仙台は、2020年10月よりチャレンジドジャパン仙台センターへ事業所名称を変更しました

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町3-5-22 宮城県管工事会館8階
電話 : 022-399-8956
メール : [email protected]

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

〇お申込みフォーム

 

 

チャレンジドジャパン仙台センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン