事業所内でのコロナウイルス感染予防対策

コロナウイルスの感染拡大が続く中、チャレンジドジャパン仙台センターでも様々な感染予防対策を実施しています。

まず、出入り口扉前にアルコール消毒液を設置しています。

また、同じ場所に非接触型の体温計も置いてあり、来客者への検温もお願いしています。

また、毎朝の利用者自らの検温および日報への記入があります。

入室前の手洗いうがい消毒の徹底も呼びかけています。

各部屋の机上には飛沫防止のためのクリアパーテーションが設置されています。

 

そのほかに、窓を開けての換気や、朝と帰りの時間帯の環境衛生課のメンバーによる消毒作業が行われています。

また、事業所内では必ずマスクを着用し、

講座の進行の際にスタッフはマウスシールドフェイスシールドを活用しています。

以上のような対策を講じて、安心して訓練を行なうことができています。

編集後記

感染予防にはひとりひとりの意識が大切だと感じました。

皆様もくれぐれも気をつけて、この状況を乗り越えましょう!

今回の記事は訓練生Sが担当しました。

〇お問い合わせ

*就労支援センターひゅーまにあ仙台は、2020年10月よりチャレンジドジャパン仙台センターへ事業所名称を変更しました

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町3-5-22 宮城県管工事会館8階
電話 : 022-399-8956
メール : [email protected]

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

〇お申込みフォーム