実習で訓練成果を確認してみよう!~実習インタビュー~

相模原センターでは、就労前に実習を行うことも可能です。

事業所内で学んだこと、身に着けたことを実習で確認してから安心して就労を目指せます。

今日のブログでは、実習に参加されたAさん(20代女性、統合失調症)のインタビューをお届けします!

Aさんは相模原市内のミニ動物園での実習にご参加されました。

今年2月にも同じ場所で実習をされています。今回の実習では「前回のリベンジをしたい」と考えていらっしゃいました。

「二回目の実習でリベンジしたかった」

Q.実習内容を教えてください。

ふれあい広場という動物とふれあう施設での実習でした。
動物とふれあうための準備や、モルモット・うさぎの餌やり、やぎ・羊の部屋掃除、水やり等を行いました。

Q.今回は二回目の実習ですが、実習に挑戦しようと思ったきっかけは?

「動物が好きだから」と、「予定通りの出勤ができるか」を確認するためです。

一回目の実習では、午前で早退した日がありました。
今回は予定通りの実習ができるようにリベンジしたかったんです。

Q.前回の実習と比べていかがでしたか?

一回目は仕事をするので精いっぱいでした。しかし、二回目はチャレンジドジャパンの職員と相談しながら、翌日により良くする為の方法を考えました。そして、それを実践することができました!

例えば、業務指示を確実に実践するため「メモを取る」と決めました。
翌日から実践できましたし、メモを取る習慣がついて日頃の訓練にも生かされています。

日頃の訓練成果を発揮できた

Q.チャレンジドジャパンでの訓練が実習に活かされているなと感じたことはありますか?

挨拶です。お客様にはもちろんですが、同僚にも挨拶や返事、報連相をしっかり行うことができました。

また、分からないことはきちんと質問をして、理解して取り組むことができました。

Q.今後訓練で取り組みたいことはありますか?

仕事は丁寧にやることも大切ですが、スピードも大切だと感じました。
実習後は、丁寧だけど、スピード感も意識しながら取り組んでいます。

軽作業や、パソコンの訓練でもスピード感を意識して取り組んでいきたいです。

訓練成果を実習で確認しませんか?

Aさんは実習後の電話報告で職員と振り返りをしながら、翌日には前日の反省をしっかり活かすことができていました。
一回目より二回目の実習、そして前日より今日と着実にステップアップされています。

事業所の訓練で身に着けたことを、実習で確認して自信につなげてみませんか?

チャレンジドジャパンでは、安心して長く働く為の準備ができます。

見学・体験は随時受付中です。お気軽にご連絡ください♪

〇お問い合わせ

*就労支援センターひゅーまにあ相模原は、2020年10月よりチャレンジドジャパン相模原センターへ事業所名称を変更しました

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒 252-0231神奈川県相模原市中央区相模原1-2-17 クリスタルサガミハラ6階
電話: 042-753-8607
メール:[email protected]
(相模原市指定 就労移行・就労定着支援事業所)

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

〇お申込みフォーム

 

チャレンジドジャパン相模原センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン