相手を理解し認め合う取り組み

相模原センターには、毎年様々な障がいや働く上での困りごとを抱える方が利用をされます。
特性上、会話における困難さ、コミュニケーションへの困りごとがある方も非常に多くいらっしゃいます。

「対人スキル」の面で不安を抱えている方にとって、初めての場所で相談をしたり、通い始める決断をすることは勇気がいることかもしれません。そのような不安を少しでも緩和できるよう、相模原センターではひとり一人の障がいの特性に合わせて、コミュニケーションの取り方を工夫しています。

お互いの困難さを理解し認め合うために

手話動画視聴
楽しみながら手話を学びました

就労移行支援で学ぶコミュニケーションプログラムは、主に「精神障がい」や「発達障がい」を抱え、対人スキルに自信がもてない方を対象に行われることが多いです。チャレンジドジャパンでも場面に応じた会話上の表現方法を学び、ロールプレイで実践・習得していく形式のものを行っています。

しかし、聴覚障がいの方にとっては、障がいの性質上、口頭での発話そのものが困難なケースもあり、手話を用いたコミュニケーションが必要な場合もあります。挨拶など簡単な日常のやりとりができず、所属先で孤立感を感じてしまうケースもあると思います。

「相手を理解すること」から「手話」を学ぶ機会が生まれました

職員の発案ではありましたが、相模原センターの利用者さんに「お互いの困難さを理解し、認め合う取り組み」の一環として、簡単な手話の挨拶を学ぶ機会を提案したところ、利用者のみなさまがとても好意的に賛同してくださいました。

「おはよう」「こんにちは」「さようなら」「おねがいします」「ありがとう」「おつかれさま」
などは、1つか2つの動作で完結します。短時間の動画を見ながら、参加者で楽しく学びました。

さまざまな障がいを理解すること=障がい者枠での就労にも役立ちます

障がい者枠求人での就労では、自分とは異なる障がいのある方とともに働く場合もあります。
まさに、相手の障がいや特性を理解し、お互いを認め合いながら働くこと、が求められます。
就労移行支援事業所を利用することで、そうした考え方は自然に身に付けることができるように感じます。

相模原センターでは障害の種別に関わらず「働きたい」方のサポートを行っております。
「自分の障害では、利用できるだろうか?難しいかな?」などと心配な場合でも、まずは一歩、踏み出してお問い合わせいただけたらと思います。

〇お問い合わせ

*就労支援センターひゅーまにあ相模原は、2020年10月よりチャレンジドジャパン相模原センターへ事業所名称を変更しました

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒 252-0231神奈川県相模原市中央区相模原1-2-17 クリスタルサガミハラ6階
電話: 042-753-8607
メール:[email protected]
(相模原市指定 就労移行・就労定着支援事業所)

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

〇お申込みフォーム

 

チャレンジドジャパン相模原センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン