たった半年間で、人はこんなにも変われる

以前を知る支援者もおどろく成長ぶり!

先日のこと、地域の相談機関の職員Aさんが相模原センターにいらっしゃいました。新たに当センターの利用を考えている当事者の方とそのご家族に付き添っていらしたのですが、ちょうど他の利用者の皆さんが訓練中の時間でしたので、以前ご紹介いただいた現利用者Bさんのその後の様子を見ていただくことになりました。

通所を始めた頃のBさん

半年ほど前、職員Aさんは当事者Bさんに付き添って、当センターにいらっしゃいました。
Bさんは見るからに緊張されていて、思いや悩みがたくさんおありの様子は伝わってくるものの、言葉がなかなか出てこないことにご自身でも辛い思いやもどかしさを強く感じていらっしゃるご様子でした。

成長につながった取り組み

しかしながらBさんは一歩踏み出し、休まずに通って訓練を続けました。
初めのうちこそ、早く他の利用者さんのようになりたいと焦る様子が多くみられましたが、徐々に落ち着いて過ごされる日が増えていき、自身の成長を実感しているようなお話も少しずつされるようになりました。

職員Aさんがいらした時間帯はちょうど、「分担業務 振り返りの会」を行っていました。これは、利用者間で分担している諸業務(来客お茶出し、掃除機かけ、消耗品補充、トイレ清掃、消毒、朝礼司会など)について、毎月の振り返りの場として、引継の仕方は適切だったか、気を付ける点はなかったか、マニュアルで分かりづらい点はなかったか、といった内容を利用者さん主体で意見交換をする会なのです。

思う所がある場合には、この月1回の機会に積極的に発言することが必要です。かといって、コミュニケーションに苦手意識がある方が、最初から自分の気持ちや意見を適切に発信するにも勇気がいるものです。訓練プログラム「コミュニケーション講座」などで「アサーティブに伝える」(自分の主張を的確に行い、かつ相手を尊重し傷つけない)こと学び自信を養い、それをこの振り返りの会で実践していきます。

いま、Bさんは…

職員Aさんの知る以前のBさんのままでは、おそらく発言することは難しいだろうと感じられるような場面だったことでしょう。
振り返りの会をひとしきり見学されたAさん、私たちスタッフに「たった半年間で、こんなに落ち着いて積極的に発言されるようになるだなんて、驚きました!」と仰っておられました。
職員AさんからBさんにも直接、がんばっていますね!とお声がけいただいたようです。
Aさんを見送るBさんの表情には、穏やかな自信が見て取れました。


相模原センターでは、利用者さん・スタッフ、利用者さんどうし、利用者さん・お客様、さまざまな関係性におけるコミュニケーション・トレーニングを重視しています。
初めのうち無理をしたくない方にはもちろん、ゆっくりとスタートしていただきます。いつのまにか、苦手だった雑談が楽しくなり、手を挙げられなかったのに挙手して発言できるようになり、通所して利用者仲間に会いたくなる、そんな皆さんにとっての安心して成長できる場所となっているようです。

気になる方は是非、一度ご相談・ご見学にいらしてください。お問い合わせをお待ちしております。

〇お問い合わせ

*就労支援センターひゅーまにあ相模原は、2020年10月よりチャレンジドジャパン相模原センターへ事業所名称を変更しました

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒 252-0231神奈川県相模原市中央区相模原1-2-17 クリスタルサガミハラ6階
電話: 042-753-8607
メール:[email protected]
(相模原市指定 就労移行・就労定着支援事業所)

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

〇お申込みフォーム

 

チャレンジドジャパン相模原センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン