プログラム紹介~自己理解・障害特性理解@盛岡

今回はひゅーまにあ通信2月号に掲載した「自己理解・障害特性理解(メンタルヘルス)」についてご紹介いたします。

 

「自己理解・障害特性理解(メンタルヘルス)」は大きく分けて8つのテーマに沿って実施しています。

 

① オリエンテーション

② 「いい感じの自分をイメージする」

③ 「元気の道具箱をつくる」

④ 行動プラン1 「日常のお手入れプラン」

⑤ 行動プラン2 「引き金への対応プラン」

⑥ 行動プラン3 「注意サインに気づいたときの対応プラン」

⑦ 行動プラン4 「調子をくずしたときのリカバリープラン」

⑧ 「私の取り扱い説明書」

 

これらのテーマの中で、「いい感じの自分」はどのような状態か、

元気でいるためにすること/もの、これをすると落ち着くものは何か等を整理してみたり…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いい感じの自分」でいるため、「いい感じの自分」に近づくため、

自分に合った心のケアの仕方を考え、行動プランを作成していきます。

 

不調を示すサイン、不調から抜け出す手段や、いい状態の自分を維持する方法を整理して

日常生活に活かす機会となればと思います。

 

 



お問い合わせ先

就労支援センター ひゅーまにあ盛岡
電話 019-656-1622
FAX   019‐656-1623
メール [email protected]
申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ