<お知らせ>アンガーマネジメント@名古屋栄

コミュニケーション講座では、安定した職業生活を送るために自己理解のための様々なテーマを取り上げています。
今回はテーマは、近年注目されている「アンガーマネージメント」。

一言で言えば「怒りの管理」ですが、これは「怒らないようにしよう」「他人や周囲に優しくしよう」といった精神論ではありません。

よく耳にするアンガーマネージメントでは「6秒ルール」が強調されがちです。つまり
➀怒りに任せた衝動的な言動は、後悔するような・関係を悪化させるような結果を招いてしまう。
➁怒りの感情は6秒以内にピークに達するので、
➂ともかく「グッ」と自分を抑えて6秒数えたり、その場を離れて6秒間をやり過ごしましょう。
といったものです。
これはこれで有効なのですが、衝動的な言動を避けるための対処療法でしかありません。

アンガーマネージメントでは、そもそも「怒りとは何か」「怒りの背後にあるのは何か」を考えることが重要です。
前提として、怒りは無くすべき悪い感情とは限りません。健全な怒りというものもありますし、怒りのエネルギーは
物事をより良い方向に変えていく原動力にもなります。とはいえ理不尽な怒りは、意図せず・意図に反して周囲(職場)との
関係性を悪化させる可能性があるのも事実で、結果的に自分が苦しくなったり、損をすることになってしまいます。
せっかく自分に合った、やりがいのある業務に巡り合えても、対人関係が原因で職場に居づらくなるのはとても残念なことです。

怒りの背景には不安や悲しさ、孤独感、恥ずかしさ、恐怖などがあるとされています。そしてその感情が解消されない・満たされない時に、怒りという形に置き換えることがあります。つまり怒りは相手(時に自分)に対する満たされない要望であったり、期待であったりします。そこには「私の要望は(当然)満たされるべき」「自分の期待は叶えられるべき」「私のルールや価値観に他の人は従うべき」という前提があるのかもしれません。

その前提が「おかしいから改めましょう」ということではなく、それで自分が苦しくなるのであれば、より自分が楽になるような形での伝え方や考え方を一緒に探してみてはいかがでしょうか。

 

お問い合わせ先

ご見学やご不明な点がございましたら、お気軽に下記までお問い合わせください。

就労支援センターひゅーまにあ名古屋栄
TEL: 052-212-7315
FAX: 052-212-7316

Mail: [email protected]

ひゅーまにあ名古屋栄