<お知らせ>シリーズ「就労」@名古屋栄

 平成30年4月より「職場定着支援事業」という、新たな障害福祉サービスが始まりました。

 その背景には「就職しても長続きしないで辞めてしまう人が多い」ことがあります。
確かに(発達障害の方を除く)精神障害の方は、データ上でも短期間で退職してしまう率が高いようですが、継続的に仕事を続けるためには、(適切な)定着支援の有無がひとつのポイントです。

 就労移行支援事業所などを利用して、リハビリや訓練やスキル習得や・・・いわゆる就労準備性を高めたとしても、残念ながら病気や障害自体が治っている訳ではありません。人によって症状は異なりますが、体調の波や、不安感の強さ、自信のなさ・・・集中力や体力面での苦手さ、人間関係、「空気を(適切に)読むこと」、臨機応変な対応、変化へのストレス、偏った受け止め・考え方等々。訓練ややる気・意欲によって改善する部分はむしろ多くなくて、働く際に課題となる部分は残っています。

 そして上記に挙げたような症状や障害の特性は、周りの人には非常に分かりにくいものです。仮に障害や病気を開示して(オープンにして)就職したとしても、簡単には理解できるものではありません。「障害者求人で採用されたのだから、とうぜん分かってくれるだろう」とは期待ができないものです。

 そこで専門的な第三者が現場レベルで支援する、ジョブコーチ・職場定着支援が必要になります。障害特性やその時々の症状・体調に照らして、業務内容や職場の環境(人間関係を含む)の整理や調整を図ります。働いているご本人が自身で周囲に働きかけいくのは、現実的には難しいのではないでしょうか。

 職場定着支援では、働いているご本人のサポートと、職場や周囲の社員へのサポートの両方を行います。一方的にどちらかの味方をする訳ではなく、双方がストレスなく働けるように、継続的に状況を把握して調整を行っていきます。必要であれば主治医や家族との間にも入ります。現場の担当者に教科書的に病気の理解をしてもらっても、実際の就業場面でどうのように症状が影響しているのかは簡単にはイメージできないものです。小さなズレや誤解がそのまま放置されてしまうと、いつしか職場での居づらさや、低い評価につながります。一度こじれてしまうと、なかなか修正が難しいもので、小さな「気になること」のレベルで予防的に微修正を図っていかなければなりません。

 本人の努力で何でもできるようになる訳ではありません。一方で障害者雇用だからと言って何でも分かってくれる・受け入れてくれる訳でもありません。職場定着支援では、働く本人と働いてもらっている職場と、双方が無理なく対応できる着地地点を探っていきます。悩みや相談を聞いてもらっているだけでは、実際の職場の問題は解決しないままになってしまいます。

 就職してから職場定着支援の準備をするのでは間に合わないでしょう。遅くとも就職活動を開始する際には、どのような形で・誰に・どのような頻度で支援をお願いするのか決めておく必要があります。事前に自身の苦手な事・得意な事、ストレスや症状の解消法(自身で出来ること・周囲に求めること・定着支援の担当者の役割)を明確にしておく必要があります。そしてその内容は職場定着支援の担当者と相談しながら、職場が受け入れやすい条件で準備することが重要です。また繰り返しになりますが、「継続的」かつ「予防的」に入ってもらう事が就労継続のためには不可欠だと言えるでしょう。

お問い合わせ先

ご見学やご不明な点がございましたら、お気軽に下記までお問い合わせください。

就労支援センターひゅーまにあ名古屋栄
TEL: 052-212-7315
FAX: 052-212-7316

Mail: [email protected]

ひゅーまにあ名古屋栄