【ビジネスマナー講座】ビジネス文書マナーと文書作成

チャレンジドジャパン長野センターです。

就職活動のフェーズに入ると応募書類・履歴書・送付状作成を積極的に行っていきます。就職してからも、社会人としてあらゆる文書を作成する機会があるかと思います。

そんな時に役立つ内容として「ビジネス文書マナー」と「書き方」について学びました。

マナーに注意してビジネス文書を作成している様子

ビジネス文書とはどんなものだろう?

◆種類  社内文書と社外文書の2種類あります。

◇ 社内文書...通達、指示書、稟議書、提案書、届出書、上申書、始末書、通知書、紹介状、回答書、案内状、議事録、帳票など

◇ 社外文書・・・通知書、送付状、紹介状、照会状、回答書、案内状、抗議状、あいさつ状、見舞い状、お悔やみ状など

様々な文書がありますが、今回のセミナーは社外文書の中で取引や業務のための文書に焦点を当てていきました。

◆社外文書にはルールがあり、以下のものがあげられます。

  • 儀礼的なあいさつ
    時候の挨拶や感謝の言葉等からはじめ、本文を書いた後は必ず結びの文章を略すことなく記載する。
  • あて名
    企業名では、株式会社を(株)などと略さずに正式名称を使用する。
    「御中」「殿」「様」「各位」などの敬称の使い分けにも注意が必要。
  • 礼儀正しい文章で
    敬語に注意し、ていねいな文章で書くことが大切です。話し言葉は使用しません。
  • 数字やデータは正確に
    数字やデータをまちがえると、相手に迷惑をかけてしまいます。事前に確認をして、正確に書くよう心がけます。  

注意点を気にしながら、正確な文書を作成することが求められます。

ビジネス文書の書き方のマナーのプログラム

ビジネス文書を作成するためのルールを覚えるために

文章構成をみつつ要素解説の資料と照らし合わせながら学習をしていきますが、応募書類や履歴書・送付状など就職準備に必要なスキル・ルールを身につけるためには「書いてみること」がおすすめです。最初は難しく感じる文書も、書いてみながらポイントを抑えていくことで形が徐々に整っていきます。すぐに完璧なものは難しいですから、回数をかさねていくことが大切となっていきます。

チャレンジドジャパン長野センターでは、就職準備に必要な応募書類や履歴書・送付状の作成等も過去の就職実績を交えながらレクチャーをしていきます。応募書類等で悩みがある方は、見学時に質問していただくことをおすすめします。

You need to add a widget, row, or prebuilt layout before you’ll see anything here. 🙂
チャレンジドジャパン長野センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン