【就職決定】職歴なしからの就職事例インタビュー

チャレンジドジャパン長野センターです。昨年末から毎月1~2名の方が就職を実現されており、就職活動が活発化しております。今回は、就職されたT様へのインタビューです

【祝】3人目の就職者

就職活動はどのくらいの期間でどのように進めていきましたか?

本格的な就職活動は4か月ほどです。

仕事内容へのイメージが湧きづらかったので、企業見学や実習などを行いながら進めました。

チャレンジドジャパンに通い始めたきっかけを教えてください。

一般求人で、就活サイトやエージェントを使って就活をしていたのですが、コロナの影響もあり思うように進まず困っていた時に、たまたま就労移行支援のことをネットで見つけてメールを送ったのがきっかけです。

どのくらいの期間通所し、どのような訓練を行いましたか?

9か月間程通所しました。自分の体調や障害特性など知らないことが多かったので、自己理解の講座を受けたり自分の身体や心の状態を記録しました。また、対人緊張が強いので慣れるためになるべく集団作業(ピッキング実習)に参加しました。

これから就職を目指す方々へメッセージをお願いします。

職歴もなく就職ができるのかすごく不安でしたが、結果的に就職することができました。

やれば何とかなります!

T様の「学び」から分かること

T様の「学び」から分かること



T様は通所前に半年ほどでの就職目標を掲げていましたが、通っていくにつれ「自分について知らないことが多い」という疑問をもつようになりました。

そこで、学習をして深めていく行動を重ねていきました。

自己理解を深めることが大切

T様が実践された「記録」は自身を振り返るためにとても有効的な手段のひとつです。

長野センターではストレス対策、メンタルヘルスケアとして「マインドフルネス・コーピング」といった手法を用いています。

「自分を知る」という意味では、良い部分も悪い部分も出てきますので、それをどのように受け止めていくか「思考」の部分が大切になってきます。

どのようにすれば柔らかく捉えることができるのか、ヒントが得られるプログラムがあります。

弱みを克服するためのプログラムを受講

集団作業(ピッキング実習)については下記の記事でまとめましたので参考にどうぞ。

仕事要素(正確性・時間・てねいさ)+コミュニケーション要素が複合的となったプログラムです。


この春から就職をめざしませんか?


T様は「自分を知る」という部分から、プログラム受講を積極的に行い学習を深めていきました。誰しも毎日が良い日ばかりではありません。浮き沈みがあります。しかし、「就職したい」という明確な気持ちを前向きに持ちながら、地道に努力を重ねた結果、希望する進路が実現する運びとなっています。

「就職したい」

私たち職員は利用者様のこの気持ちを大切にしながら支援をさせていただきます。長野センターは、まだまだ就職ラッシュの雰囲気で満ち溢れています。

この春から就職を実現させてみませんか?

ご相談、ご見学をお待ちしております。

◯お問合わせ

*就労支援センターひゅーまにあ長野は、2020年10月よりチャレンジドジャパン長野センターへ事業所名称を変更しました

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒380-0821 長野県長野市大字鶴賀上千歳町1137-23 長野1137ビル 202
電話:026-219-5077
メール :[email protected]

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

◯お申し込みフォーム

 

チャレンジドジャパン長野センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン