相手を知るには「きく」ことが一番

ひゅーまにあ長野です。

今回のテーマは『相手について理解を深める』です。

対人行動テキスト1

自己主張をすることと同じくらい大切なのは、相手の自己主張を「きく」事です。           

では、相手が話しやすいサインとは何でしょう?

  • タイミングよく うなずく。
  • 「そうですね」 「なるほど」 など あいづちを打つ。
  • 表情や姿勢で共感を示す。(明るい話しなら楽しそうに、又興味深く身を乗り出すなど)
  • 「よくわかります」 「素晴らしいですね」 など 言葉での共感も良いですね。

質問するときの注意は? 

講座風景1

「なぜ〇〇なの?」 「どうして〇〇なの?」は誤解を招く恐れがあります。

「何か理由があったの?」

「どんなふうにして、そうなったの?」

      と、言葉を変換して言ってみましょう。
 

「聴く」ことで相手の気持ちや意見に心をかたむければ、相手も私たちの気持ちや意見に、心をかたむけてくれるようになります。

コミュニケーションにお悩みがある方は、一度ご見学をおすすめします!

話しのキャッチボールをしましょう!

就労支援センターひゅーまにあ長野
〒380-0821
長野県長野市大字鶴賀上千歳町1137-23
長野1137ビル 202
HP : https://ch-j.jp/nagano/
Email :[email protected]
TEL:026-219-5077

 

ひゅーまにあ長野
就労支援センターひゅーまにあは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はひゅーまにあ