本採用おめでとうGさん!①

以前、「トライアル雇用で頑張っています」の記事でご紹介したGさん。
(記事URL:https://ch-j.jp/morioka-news/42352/)

トライアル雇用期間を全うし、この度本採用になりました。

トライアル雇用から本採用へ

トライアル雇用期間中のGさんの頑張りと、Gさんへのサポートをご紹介いたします。

トライアル雇用期間中のGさん

トライアル雇用初日、作業を終えたGさんから、
「この仕事は続けられないと思います。辞めたいです。自分には難しいと思います。」という感想を聞いていました。

Gさんが本当に言いたいことをゆっくり聞き取り、まずは継続しながらGさんができる工夫や、周囲の方々にお願いできることは何か、そしてそれを支えるために、スタッフが支援できることを整理してお伝えしました。
そして、早速に現場の責任者の方にご連絡し、Gさんが困っている点をお伝えし、配慮をお願いしました。

すると、Gさんがミスを過度に恐れてしまわないようにというご配慮でしょうか。
作業している現場の中を全体的に見学させてくださり、他の方々も一緒にみんなでミスを防ぐような工程があることも再確認でき、不安が大きく軽減されたようでした。

Gさんのこれまでの職歴は、一般枠としてのみの経験でしたので、周囲の方々の力やお知恵を借りながら、現場作業や環境、自分の特性やミスの傾向に合わせた対策を具体的に取ることもままならないまま、離職になるケースが多かったGさん。

しかし、今回はチャレンジドジャパンの訓練や自己理解を深める取り組みを経た障害者枠です。
この点をクリアしやすい条件を味方につけ、こまめな報連相やSOS発信に基づき、周囲の支援や理解を得ながら進むことで、長期安定就労がまた一歩、近づいたと思います。

現在のGさん

トライアル雇用の期間を経て、安心してできることが増え、自信もついてきました。

開所当初は「メモ」が必須アイテムでしたが、あまり必要としないことも増えてきました。
新しく担当する仕事も増え、成長を実感しています。

「続けること」が課題のGさんでしたが、その意味を実感し、かみしめています。

生き生きとした表情でユニフォームのシャツを見せてくれました!
※Gさん、いわて生活協同組合様の了承を得て掲載しております。

また、勤務終了後の気持ちの疲れのレベルは、マックス「5」をキープし続けていた開始当初に比べると、「3」くらいに落ち着いてきました。
体の疲れは変わらず「5」ですが、作業系の仕事ですので、しっかり働いた証拠でもあります。

体調管理には気を配りつつ、身体が慣れていくのを待ちましょう!

◯お問い合わせ

*就労支援センターひゅーまにあ盛岡は、2020年10月よりチャレンジドジャパン盛岡センターへ事業所名称を変更しました

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒020-0034 岩手県盛岡市盛岡駅前通15-18 ラヴィ3階
電話:019-656-1622
メール:[email protected]

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ

◯お申し込みフォーム

 

チャレンジドジャパン盛岡センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン