「弱み」が「強み」に転じていくとき~自覚・努力・対策の大切さ②

前回の記事でFさんのこれまでと成長についてご紹介しました。

実習の成果

Fさんについに、実習の機会をいただける事業所との出会いがありました!

満を持して、これまでの積み重ねの結果を、いよいよ現場で試す日がやってきました。

実習中の様子は…

実習ではスタッフの同行はありませんでした。

初日のご挨拶から始まり、作業の説明や指示を聞き、慣れない場所と人間関係のなか、初体験の作業に自分一人で対処することは、職歴や社会経験がないFさんにとって、なかなかのハードルであったに違いありません。

スタッフが心配して現場にお伺いしてみると、そこにはプレッシャーにも負けず、ひょうひょうと現場になじみ、丁寧に作業をこなすFさんの姿が!

もともと手作業が好きで、作業をすることで心身の体調が安定する傾向があることは、Fさんとスタッフが日々共有を重ねてきた分析からも予想していましたが、人生で初めての職場実習のなかで、その傾向が大変良い方向で発揮され、Fさん本人もその点を実感できたようです。

Fさんはスーパーマーケットの鮮魚部門での実習で、
商品のパック詰めやラップがけなどを行います。

現場の皆様のおかげで充実した5日間を過ごすことができました。
(8月18日現在は、2回目の実習中です!)

実習で得たもの

問題や失敗が起きない人生も就労もあり得ません。
どんな人でも、それをどうとらえ、どのように対処していくかが、花が咲くことに繋がっていくのだと思います。

そのような過程には、大きな苦悩や挫折、痛みも伴います。
しかし、ひゅーまにあ盛岡のスタッフは、皆さんのそのような努力を支えていくことを、これからも大事にしていきます。

Fさんはまだまだ若い芽の状態。
どれだけ成長し、どのような花を咲かせていくのか、可能性に期待しています!
頑張れFさん!

お問い合わせ先

就労支援センター ひゅーまにあ盛岡
電話 019-656-1622
FAX   019‐656-1623
メール [email protected]
申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ

 

ひゅーまにあ盛岡
就労支援センターひゅーまにあは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はひゅーまにあ