自分のことを客観的にみることも大事

ひゅーまにあ盛岡では職場見学や実習の他、日々の訓練の様々な場面で自分と向き合い、自分を知るための取り組みを行っています。

その取り組みの様子をご紹介します。

自分と向き合う対話を

自己理解は、様々な訓練プログラムや面談だけでは、意外と深まらない部分もあります。

そこで、ひゅーまにあ盛岡では、普段から利用者さんがスタッフと対話をしやすい雰囲気作りを心がけ、少しゆっくりお話ができる機会も設けています。

本音で語ることを恐れず、困っていること・悩んでいること・心配していることなども出していただき、対話を深めています。

自分との向き合い方の例

「自分から見えている自分」と「周りから見えている自分」との違いを知り、就職活動を進める際のヒントにしたり、

自分のライフプランを一緒に整理して、自分の希望条件を明確にしたり、

働いた経験がない方は、自分の趣味・好きなことと仕事との違い、そもそも「仕事」とは何かを一緒に考え、希望職種を絞っていったり…

訓練プログラムや面談ではあまり深められないこと、「面談」というかしこまった場面だと緊張して思ったことや本音が中々出てこないといったこともあります。

時にはリラックスしながら
少しゆっくり話をする機会も大事ですね

訓練プログラムや面談だけでなく、少しリラックスした環境でざっくばらんに会話する中で、
ありのままの自分への気づきが生まれ、対応策が見つかったりということもあります。

◯お問い合わせ

*就労支援センターひゅーまにあ盛岡は、2020年10月よりチャレンジドジャパン盛岡センターへ事業所名称を変更しました

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒020-0034 岩手県盛岡市盛岡駅前通15-18 ラヴィ3階
電話:019-656-1622
メール:[email protected]

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ

◯お申し込みフォーム