障がいのある方の
就労実現に向けて
連携協力をお願いいたします

障がいのある方の就労実現に向けて
連携協力をお願いいたします


就労支援事例

クリニックからのご紹介

アイコン

Aさんの場合
20代男性
自閉スペクトラム症

在職中、マルチタスクに対応できずストレスで体調を崩し退職。
主治医に相談したところ、就労移行支援の利用を勧められ、ケースワーカーを介し、ひゅーまにあを紹介された。

アイコン

Bさんの場合
30代女性
統合失調症

大学卒業後、就職するが、残業が多く体調不良となり、通院。
統合失調症と診断される。休職後、復職したが治療と両立できず退職。主治医に相談し、ひゅーまにあを紹介された。

精神科デイケアからのご紹介

アイコン

Cさんの場合
40代男性
統合失調症 

体調不良のため入院、退院後デイケアで日中活動を行う。デイケアでの通所が安定した頃、ひゅーまにあを紹介され利用開始となる。

アイコン

Dさんの場合
30代女性
うつ病

デイケアに通っている知人の紹介でひゅーまにあを利用開始した。

特別支援学校からのご紹介

アイコン

Eさんの場合
10代女性
自閉スペクトラム症

特別支援学校在学中に、企業実習などを行ったが、就労に結びつかず、進路指導の教員よりひゅーまにあを紹介され、実習を経て利用開始。

アイコン

Fさんの場合
20代男性
知的

特別支援学校卒業後、老人ホームでの清掃員として働く。
障害特性上、曖昧な表現を理解できず、上司からの指摘が増え、心身の疲労から退職。
母校の進路担当教諭に相談し、見学・体験を経て、ひゅーまにあの利用を開始。

行政機関からのご紹介

アイコン

Gさんの場合
50代女性
うつ病 

体調が良くなったので、働きたいと生活保護のケースワーカーに相談。ひゅーまにあを紹介され利用開始。

アイコン

Hさんの場合
20代男性
知的

就職したいと障害福祉課の担当者に相談し、ひゅーまにあを紹介され利用開始。





就労支援事例

クリニックからのご紹介


アイコン

Aさんの場合
20代男性 ・自閉スペクトラム症 ・精神3級
在職中、マルチタスクに対応できずストレスで体調を崩し退職。
主治医に相談したところ、就労移行支援の利用を勧められ、ケースワーカーを介し、ひゅーまにあを紹介された。

アイコン

Bさんの場合
30代女性 ・統合失調症 ・精神2級
大学卒業後、就職するが、残業が多く体調不良となり、通院。
統合失調症と診断される。休職後、復職したが治療と両立できず退職。主治医に相談し、ひゅーまにあを紹介された。

精神科デイケアからのご紹介

アイコン

Cさんの場合
40代男性 ・統合失調症 ・精神3級(ひゅーまにあ利用中に取得)
体調不良のため入院、退院後デイケアで日中活動を行う。デイケアでの通所が安定した頃、ひゅーまにあを紹介され利用開始となる。

アイコン

Dさんの場合
30代女性 ・うつ病(手帳なし)
デイケアに通っている知人の紹介でひゅーまにあを利用開始した。

特別支援学校からのご紹介

アイコン

Eさんの場合
10代女性 ・自閉スペクトラム症 ・精神3級
特別支援学校在学中に、企業実習などを行ったが、就労に結びつかず、進路指導の教員よりひゅーまにあを紹介され、実習を経て利用開始。

アイコン

Fさんの場合
20代男性 ・知的 ・療育手帳(軽度)
特別支援学校卒業後、老人ホームでの清掃員として働く。
障害特性上、曖昧な表現を理解できず、上司からの指摘が増え、心身の疲労から退職。
母校の進路担当教諭に相談し、見学・体験を経て、ひゅーまにあの利用を開始。

行政機関からのご紹介

アイコン

Gさんの場合
50代女性 ・うつ病 ・精神3級
体調が良くなったので、働きたいと生活保護のケースワーカーに相談。
ひゅーまにあを紹介され利用開始。

アイコン

Hさんの場合
20代男性 ・知的 ・療育手帳(軽度)
就職したいと障害福祉課の担当者に相談し、ひゅーまにあを紹介され利用開始。




コンサルティング

教育機関向けコンサルティング

主に特別支援学校の外部専門員として、生徒の社会的自立に向けた取組における助言や相談をおこなっています。
・生徒へのアセスメントの実施
・教職員へのコンサルティング
・指導計画および授業の見直し 等

<これまでの実績>
東京都立特別支援学校外部専門員
・王子特別支援学校 (2018年度~)
・けやきの森学園 (2018年9月度~)

企業向けコンサルティング

・障がい者雇用を実施している企業様、これから取り組む企業様へ向けて出張講座やコンサルタントを行なっています。
(例)
・障害者枠雇用スタッフとの定着面談

・企業管理者向け 障害理解への各種研修

・職場定着のための出張講座(メンタルヘルス講座、チームビルディング演習等)



ひゅーまにあ総合研修センター

コンサルティング

教育機関向けコンサルティング

主に特別支援学校の外部専門員として、生徒の社会的自立に向けた取組における助言や相談をおこなっています。
・生徒へのアセスメントの実施
・教職員へのコンサルティング
・指導計画および授業の見直し 等

<これまでの実績>
東京都立特別支援学校外部専門員
・王子特別支援学校(2018年度~)
・けやきの森学園(2018年9月度~)

企業向けコンサルティング

・障がい者雇用を実施している企業様、これから取り組む企業様へ向けて出張講座やコンサルタントを行なっています。
(例)
・障害者枠雇用スタッフとの定着面談
・企業管理者向け 障害理解への各種研修
・職場定着のための出張講座(メンタルヘルス講座、チームビルディング演習等)



就労アセスメント

就労を目指す障がいのある方
一人ひとりに効果的な
就労支援を行なうため、
独自の就労アセスメントを
取り入れています

3つの特徴

ひゅーまにあの就労アセスメント

1.チェックシート

仕事をする上で必要なスキルや行動を記録するシートのことです。
「フォーマルアセスメント」と「インフォーマルアセスメント」から構成されており、包括的なアセスメントを実施します。
一人ひとりのニーズを的確に捉え、どんな訓練や支援・配慮が必要かを一緒に考えていきます。
ひゅーまにあのチェックシート

2.効果的な訓練

事業所内訓練と事業所外訓練を行います。アセスメントに基づき一人ひとりに必要なプログラムを組み立てます。事業所外訓練は企業など実際の就労現場で実習します。
実習先で出た課題は事業所に持ち帰って再び訓練します。このように訓練と実習を繰り返して自己理解を深めていくことで適職(ジョブマッチング)へ繋げていきます。
ひゅーまにあの訓練

3.一貫した支援

アセスメントに基づき「申し送りシート(=本人の情報シート)」を作成、就職先と共有します。障害特性や得意なこと・不得意なこと、行動特性や合理的配慮などをアセスメントに基づいて記載します。
就職して上司や周囲の環境が変わっても一貫した支援や理解が得られるよう、客観的で妥当性のあるシートづくりを意識しています。
ひゅーまにあの訓練

就労アセスメント
体験会

ひゅーまにあでは、定期的に就労アセスメントの体験会を実施しています。
様々な方のお話を聞く
よい機会にもなります。
ぜひお気軽に
ご参加ください。

検査ツールを使用した就労アセスメント
ひゅーまにあのワークサンプル
ひゅーまにあのグループワーク
フィードバック
場所 : ひゅーまにあの各事業所 >> ひゅーまにあを探す
時間 : 10:00~15:00 (AMのみ、PMのみなど応相談)
※ ワークサンプル及びグループワークの内容は変更になる事がございます
※ 事業所までの交通費は自己負担です






就労アセスメント

就労を目指す障がいのある方一人ひとりに効果的な就労支援を行なうため、
独自の就労アセスメントを取り入れています

3つの特徴

ひゅーまにあの就労アセスメント

1.チェックシート

仕事をする上で必要なスキルや行動を記録するシートのことです。
「フォーマルアセスメント」と「インフォーマルアセスメント」から構成されており、包括的なアセスメントを実施します。
一人ひとりのニーズを的確に捉え、どんな訓練や支援・配慮が必要かを一緒に考えていきます。

2.効果的な訓練

事業所内訓練と事業所外訓練を行います。アセスメントに基づき一人ひとりに必要なプログラムを組み立てます。事業所外訓練は企業など実際の就労現場で実習します。
実習先で出た課題は事業所に持ち帰って再び訓練します。このように訓練と実習を繰り返して自己理解を深めていくことで適職(ジョブマッチング)へ繋げていきます。

3.一貫した支援

アセスメントに基づき「申し送りシート(=本人の情報シート)」を作成、就職先と共有します。障害特性や得意なこと・不得意なこと、行動特性や合理的配慮などをアセスメントに基づいて記載します。
就職して上司や周囲の環境が変わっても一貫した支援や理解が得られるよう、客観的で妥当性のあるシートづくりを意識しています。
ひゅーまにあのチェックシート
ひゅーまにあの訓練
ひゅーまにあの支援

就労アセスメント 体験会

ひゅーまにあでは、定期的に就労アセスメントの体験会を実施しています。
様々な方のお話を聞くよい機会にもなります。
ぜひお気軽にご参加ください。

検査ツールを使用した就労アセスメント
ひゅーまにあのワークサンプル
ひゅーまにあのグループワーク
フィードバック
場所 : ひゅーまにあの各事業所  >> ひゅーまにあを探す
時間 : 10:00~15:00(AMのみ、PMのみなど応相談)
※ ワークサンプル及びグループワークの内容は変更になる事がございます
※ 事業所までの交通費は自己負担です





障がいがある方の就労のご相談など、
お気軽にお問い合わせください

ひゅーまにあ 仙台 資料請求
見学・体験 申し込み

障がいがある方の就労のご相談など、お気軽にお問い合わせください

ひゅーまにあ 仙台 資料請求
見学・体験 申し込み

詳しく知りたい方へ


就労支援センターひゅーまにあは、精神障害(統合失調症やうつ病、双極性障害、依存症など)・発達障害(ASD、自閉スペクトラム症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害、ADHD、学習障害)・身体障害・知的障害・高次脳機能障害や指定難病の方を対象とした就労移行支援事業所/就労定着支援事業所/相談支援事業所です。これまで累計1,500名以上の方がひゅーまにあを利用して就職されました。
地域の状況や個人の希望に沿った求人開拓で皆さんの希望をかなえます。企業や自治体との連携にも多くの実績があり、就職後の定着支援も万全の体制です。一人ひとりがご自身の満足する進路を見つけられるように私たちがサポートします。



詳しく知りたい方へ

サポート体制 就職実績 支援プログラム一覧 ひゅーまにあを探す お客様の声 利用者アンケート Q&A 医療・福祉関係の皆様へ 企業様へ
就労支援センターひゅーまにあは、精神障害(統合失調症やうつ病、双極性障害、依存症など)・発達障害(ASD、自閉スペクトラム症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害、ADHD、学習障害)・身体障害・知的障害・高次脳機能障害や指定難病の方を対象とした就労移行支援事業所/就労定着支援事業所/相談支援事業所です。これまで累計1,500名以上の方がひゅーまにあを利用して就職されました。
地域の状況や個人の希望に沿った求人開拓で皆さんの希望をかなえます。企業や自治体との連携にも多くの実績があり、就職後の定着支援も万全の体制です。一人ひとりがご自身の満足する進路を見つけられるように私たちがサポートします。