祝!就職者インタビュー~オープン就労者の事例~

今年は残暑が厳しかったですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

さて、題名にもありますが、今回はこの度オープン就労一般求人で就職された、Mさんへ行ったインタビューをご紹介します。

ちょっとその前に…オープン就労についての説明

オープン就労とは、抱えている障がいなどを企業様に開示した上で、就職活動や就労する事を言います。就労の形は、障がい者枠での就労だけではなく、オープンで一般就労という形もあります。この場合は、企業が障がいについての理解をした上での就労となる為、働く上で様々な配慮を頂けることが多いです。

反対に、障がいを伏せて一般就労する事をクローズ就労と言いますが、この場合は、働く上での配慮が得られなかったり、定期通院の為の休みをもらいにくい等のデメリットもあります。

Mさんの紹介

Mさん(30代、女性、精神)は2020年8月より利用を開始致しました。体力に自信がなく、最初は週2日の通所でした。

生活リズムを整えることを目標に、無理のないペースで訓練に臨まれました。他の方への声掛けや、係活動、講座を真面目に取り組む姿勢は、周りの方へとても良い影響を与えてくださいました。

インタビュー内容

Q、この度は、就職おめでとうございます!仕事の内容を教えていただけますでしょうか?

A、配達物の仕分けの仕事です。

Q、採用までの道のりを教えてください。

A、ハローワークで求人を見つけて「良いな」と思い、すぐに応募させていただきました。

Q、就職活動を行う上で、不安な事はありました?

A、職種が、希望した職種と違うものだった為不安な気持ちがありました。しかし、チャレンジドジャパンで仕分けの訓練やピッキングの訓練を行っていた為、自信がつきました。

Q、オープンでの一般求人応募でしたが、苦労したことはありますか?

A、一般求人の為、障がいをオープンにすることで採用は難しいと思っていたが、企業側で理解があったため仕事内容も配慮いただく事ができました。チャレンジドジャパンのスタッフと一緒に配慮事項についてまとめたり、面接練習を何回も行うことができたので安心でした。

インタビュー中は終始にこやかに、これまでの思い出を振り返りながらお話をしてくださいました。

Q、チャレンジドジャパンに通って良かったことはありますか?

A、通所して良かったことは、生活リズムが整ったことです。それが一番大きかったと思います。あとは、就職が難しいかなと悩むことがありましたが、スタッフさんからのサポートがあったので就職に向けての気持ちを高める事ができたので良かったです。スタッフの皆さんや、通所されている仲間の皆さんに感謝しています。ありがとうございます。

Q、これから就職を目指す方へエールをお願いします。

A、まずは生活リズムを整えることだと思います。そうすれば、働けそうだと思える日が来ると思います。焦らずにその時から就職活動を頑張れば良いと思います。

今後の活躍を心より応援しています!

今回の記事は、オープンでの就職の決まったMさんへのインタビューでした。チャレンジドジャパン北上センターでは、これからも皆様一人ひとりが輝けるステージを作る為に力を尽くしてまいります。

オープンで就職を目指している方、どういった形で就職を目指していこうか悩んでいる方がおりましたら、ぜひ一度、当事業所への見学をお待ちしております!

■お問い合わせ

*就労支援センターひゅーまにあ北上は、2020年10月よりチャレンジドジャパン北上センターへ事業所名称を変更しました

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒024-0061 岩手県北上市大通り2-3-8 岩手地所北上駅前ビル3F
電話: 0197-62-4010 
メール:[email protected] 

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

◯お申し込みフォーム

 

You need to add a widget, row, or prebuilt layout before you’ll see anything here. 🙂
チャレンジドジャパン北上センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン