健康を保つケアを ~からだの衛生について~

こんにちは。チャレンジドジャパン北上センターです。
春の陽気を少しずつ感じられますが、まだまだ昼夜の寒暖差は大きいので注意が必要ですね。
本日は、「からだを清潔に保つ」をテーマとした自立機能講座の内容をご紹介いたします。

からだを清潔に保つ理由とは

私たちが日常行っている入浴、洗顔、歯磨き、うがい、手洗いなど、何気なくしている行動はすべてからだを清潔に保つことです。
それでは、なぜ清潔に保つ必要があるのか?をご説明いたします。

病気からからだを守るため

入浴をせず何日も過ごすと、皮膚に病原菌が住みついて病気になる恐れがあります。
歯磨きもまた、口内の細菌を除去して虫歯や歯周病になるのを防ぐためです。
うがい・手洗いは、日々いろいろなものに触れた手についた菌を落とすために必要です。
病気になってしまっては、安定して仕事に行くことができなくなってしまいます。

周囲への影響も

衛生管理を怠ると、からだや髪、口などから悪臭を放つようになってしまいます。
これでは、周囲の人との関係を悪くしてしまうことも考えられます。
もしそれがずっと続いてしまったら、仕事を辞めざるを得ない、なんてことも起こってしまうかもしれません。

コロナ禍だからこそ確認も

現在はコロナウィルス予防のため、特にうがい・手洗い・消毒をすることに日々気を付けています。外からの菌を持ち込まないための、非常に大切な予防法です。
さらに、今回の講座では予防に欠かせないアイテム・マスクについても、利用者のみなさんに不織布マスクを1枚ずつ配布し、上下・表裏を見分ける方法、正しいつけ方についての確認をしました。

マスクの上下・裏表確認
スタッフと一緒に、マスクの上下・表裏を確認しています。

ノーズワイヤー(硬い芯のようなもの)が入っているほうが上、その状態でマスクのひだの折り目が下を向いている側が外側です。その他、マスクをつける時は、「マスクの外側を頻繁に触らない」「鼻を出さない」「着用したマスクはあごにかけない」などいくつか注意する点がありました。


またメーカーにもよりますが、ゴムの接着面を外側にすることでマスクがより顔に密着するということを説明すると、利用者のみなさんは「え、今まで逆だと思ってた!」などと驚きの声をあげていらっしゃいました。

健康を保つことで安定した就労を!

からだを清潔にすることは、健康を保つことに直結しています。
そして健康を保つことこそ、安定して働ける条件の大事な要素となります!
最後に「お風呂の入り方に気を付けたい」「歯磨きはもっとていねいにしないと」「デンタルフロスにチャレンジしたい」「マスクのつけ方に気を付けたい」など、利用者のみなさんは各々取り組みたいことをワークシートに書いていらっしゃいました。

随時見学、体験を受け付けておりますので、気になる方は是非ご連絡をください!

■お問い合わせ

*就労支援センターひゅーまにあ北上は、2020年10月よりチャレンジドジャパン北上センターへ事業所名称を変更しました

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒024-0061 岩手県北上市大通り2-3-8 岩手地所北上駅前ビル3F
電話: 0197-62-4010 
メール:[email protected] 

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

◯お申し込みフォーム

 

チャレンジドジャパン北上センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン