タイピング練習の足あと

こんにちは、ひゅーまにあ北上です。
利用者の方々は毎日、15~20分程度のタイピング練習を行っています。
毎日の日報をパソコンで入力するため、タイピングはとても重要なスキルのひとつです。

記録をとりながらの練習

「1分間の入力練習 → その結果を記録用紙に書く」という手順で進めています。
ただ打つ練習をするだけではなく、記録をとることで成果を振り返ることもできますし、
「入力速度○○文字/分以上を目指す」「ミスタッチを○回まで減らす」など、目標も立てやすくなります。

利用者Nさんの場合

Nさんはタイピングに苦手意識はあまりなかったものの、
「もっと早く打てるようになりたい」と目的を持って練習に励んでいます。
半月後には入力速度も100文字/分を超えるスピードに成長しました。
また、ミスタッチも少なくなっています。

Nさん6月中旬の記録
Nさん6月中旬の記録です。
Nさん6月下旬の記録
Nさん6月下旬の記録です。

利用者Tさんの場合

Tさんは画像からも読み取れるように、大幅な成長を遂げています。
最初は特定の指でしか打っていませんでしたが、徐々に使える指が増えています。
Nさんと同じく、入力速度が100文字/分を超えるようになりました。

Tさん6月中旬の記録
Tさん6月中旬の記録です。
Tさん7月上旬の記録
Tさん7月上旬の記録です。

上達に近道なし

タイピングの上達には多少のコツはあるものの、決して近道はありません。
指を動かす、これこそが上達に必要なことです。
文字を打つだけの地味で退屈な練習に思われるかもしれませんが、この日々の積み重ねこそが大事だと考えています。
タイピング練習で築き上げた基礎を生かして、今後は様々なスキルアップを目指していただきます。

■お問い合わせ

就労支援センターひゅーまにあ北上 岩手県指定 就労移行支援 就労定着支援

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒024-0061
岩手県北上市大通り2-3-8 
岩手地所北上駅前ビル3F
電話: 0197-62-4010 メール:[email protected] 

 

ひゅーまにあ北上
就労支援センターひゅーまにあは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はひゅーまにあ