ピッキングにチャレンジ!

こんにちは、ひゅーまにあ北上です。
今週も体験の様子をご紹介いたします。
今回ご紹介するのは「ピッキング実習」です。

ピッキングってなんだろう?

「通信販売の倉庫」という設定で、注文書通りに商品をピックアップしていく作業です。
おおまかな流れとして「ピッキング」「ダブルチェック」「検品」の3つの工程があります。

ピッキング

注文書を見ながら商品をカゴに入れていきます。
時々、注文書にない商品もありますが、そういう時はすみやかに報告を行います。

型番を確認しながら、商品を探していきます。
型番を確認しながら、商品を探していきます。

ダブルチェック

ピッキング担当者は、カゴに入れた商品の種類・数量が正しいかを改めて確認します。

ダブルチェックが終わったら注文書に印をつけていきます。欠品商品だったら報告を!
ダブルチェックが終わったら注文書に印をつけていきます。欠品商品だったら報告を!

検品

ダブルチェックで商品の確認をしたあと、検品担当者に商品を引き継ぎます。
検品担当者はダブルチェック同様、商品の確認を行います。

検品担当者は、別のカゴに移し替えながら確認を行います。
検品担当者は、別のカゴに移し替えながら確認を行います。

ピッキングの目的は?

ピッキングという作業を覚えることはもちろんですが、
まずはスピードよりも正確さを重視するようにしています。

報告・連絡・相談を意識する

作業開始時・終了時の声がけ、狭い通路ですれ違う時の声がけ、
商品が欠品しているときの報告など、声を出すことの重要性を感じていただけます。

このような内容で声がけを行っていきます。
このような内容で声がけを行っていきます。

商品の取り扱い方に注意を払う

また商品を取り出すまでは会社のもの、取り出した瞬間からお客様のものという考えのもと、
商品を大事に取り扱う意識も培うことができます。

ピッキング実習では、作業自体を覚えること以外にも、
周囲とのコミュニケーション取り方などの複合的な訓練が行えます。
興味をお持ちになった方は、是非お問い合わせください。
まずは見学をしていただいて、その後体験に参加していただけます!

■お問い合わせ

就労支援センターひゅーまにあ北上 岩手県指定 就労移行支援 就労定着支援

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒024-0061
岩手県北上市大通り2-3-8 
岩手地所北上駅前ビル3F
電話: 0197-62-4010 メール:[email protected] 

 

ひゅーまにあ北上
就労支援センターひゅーまにあは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はひゅーまにあ