長く働き続ける秘訣とは?~就労定着支援事業を利用したKさんにインタビューしました~

チャレンジドジャパンでのトレーニングを経て就職。2019年に就職して就労定着支援を利用し、3年間安定して働くことが出来ているKさんにインタビューをしました。

Kさん(50代・男性)

障害種別:双極性感情障害
通所期間:約6か月

①現在は、どのようなお仕事をしているのか教えてください。

A.スーパーマーケットの総菜部門で勤めています。スケジュールは、大体毎日同じルーティンです。 主な業務は、清掃、商品に値引きシールを貼る、雑務と多岐にわたっています。

②入社して3年が経ちましたが、お仕事のやりがいを教えてください。

A.職場での人間関係が良好で、信頼関係を築くことが出来たことです。以前までは、人間関係の悪化を理由に退職することが多かったですが、障がい者雇用のため理解が得られて恵まれた環境で勤めることが出来ています。日に日に信頼関係が深まることを実感できることがやりがいです。

③この3年間で、お仕事でうまくいかなかったことや不安なことがあった時はどのように対応しておりましたでしょうか? 

A.チャレンジドジャパンの定着面談で相談するようにしていました。場合によっては、職場との間を取り持ってくださり、上司に事情を話してくれました。そのことにより、配慮を得られて、勤めやすい環境になりました。

④チャレンジドジャパンに通い、就労移行支援と就労定着支援を利用したことで良かったと思ったことを教えてください

A.就労移行支援において、良かったことは3つあります。1つ目は、自分の障がい特性をスタッフさんが理解してくれていて、ケアをしてくれたことです。また、通所中に2度入院をしましたが、復帰する際には受け入れ態勢を整えてバックアップをしてくださいました。2つ目は、講座で多くのことを学べたことです。特に、感情コントロールを学んだアンガーマネジメントは、安定して勤めるうえで活かされています。3つ目は、就職活動のサポートを得られたことです。自分にあった職場を一緒に探してくれたり、面接では付き添ってくださったりと安心感がありました。
就労定着支援では、毎月相談にのっていただける環境があることがメンタルの安定につながりました。職場で、うまくいかないことがあって相談したところ、どのように解決していくかを順序だててアドバイスをしてくださいました。就労定着支援がなかったら3年間も続けられなかったかもしれません。メンタル面で非常に大きな支えとなりました。

⑤就職に向けて1歩踏み出そうとしている方に、一言お願いいたします。

A.就労意欲があるようでしたら、ぜひ就労移行支援を利用してみてください。様々な訓練や講座の提供、その方にあった職場を一緒に探してくださいます。就職後も企業との間を取り持って、勤めやすい環境を整えてくださいますので安心して就職できます。

〈支援員より〉

Kさんは、急な予定変更などで業務時間が増えてしまうと不調となる原因だと仕事を通じて経験されました。その経験から会社は、Kさんに予定変更が生じる場合は、前もって変更になる業務を伝え、業務をこなせるかどうか確認することで、安定して仕事ができるようになりました。職場からも任せた業務は、問題なくできていると評価をしていただいています。

自分にあった職で働きたい方、就職後のアフターフォローとして就労定着支援を受けたい方、ぜひ見学や体験にお越しください。お待ちしております。

◯お問い合わせ

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒210-0005 神奈川県川崎市川崎区東田町2-11 大谷加工川崎大通ビル9F
電話:044-589-4693
メール:[email protected]
(川崎市指定 就労移行・就労定着支援事業所)

〇お申込みフォーム

 

チャレンジドジャパン川崎センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン