就職者インタビュー(清掃・精神障害)

チャレンジドジャパン川崎センターを利用しているAさんの就職が決まりました。就職までの経緯や通所中のことについてインタビューさせていただきました。

Aさん(20代、女性)
障害種別:精神障害
通所期間:10ヶ月
就職先:オフィス内清掃、事務補助

Q.1 Aさん、内定おめでとうございます!
はじめに就職先について教えてください。

オフィス内の清掃業務と事務補助です。主に会議室やデスク周辺の清掃、除菌作業などを行います。慣れてきたら、印刷や郵送物などの事務補助作業も行う予定です。今までイメージしていた清掃業務とは違い、オフィス内での業務のため少し緊張します。

Q. 2 どのような経緯で就職を決めましたか。

まず自分にあった職場環境や労働条件をスタッフの方と面談で整理をしました。

私の希望としては、
・短時間から始められる
・臨機応変ではなく黙々と行える仕事
で仕事を探しました。

自分の特性上新しい環境や人に対し強い不安や警戒心を持ってしまうので、実習ができる求人に応募することができて良かったです。実習を行い、職場の雰囲気やできる業務、難しいことなど理解できました。今まで職場の人間関係で嫌な思いをしたことや、障がい枠での仕事が初めてで不安でしたが、担当者の方がとても理解のある方だったこと、不調の時に相談できたのでここでなら安心して働けると思いました。

Q. 3 利用中のトレーニング内容を教えてください。

障がい特性上、自分の気持ちや考えを整理することが難しかったので、定期的な面談でスタッフの方と一緒にまず課題を整理しました。

①生活リズムを整え毎日決まった時間に通所すること
②人がいる環境に慣れること
③自分の気持ちや助けてほしいことを素直に伝えること
④不調になった時の対処方法を身につけること

まだ自分の気持ちを話すことは苦手ですが、面談を通して自分のことや過去のことを客観的に見ることができました。考え方や見方が変わったおかげで、過去ではなく未来のことに目を向けられるようになったことが大きな変化でした。

Q. 4 チャレンジドジャパンを利用しての感想を教えてください。

私は不安が強いので、まずは就職後も就労定着支援があるので、安心して働き続けられることがすごく大きいです。もし就労移行支援を利用していなかったら、症状がひどくなり、家に引きこもっていたかもしれません。チャレンジドジャパンの前に2カ所福祉サービスを利用しましたが、今は「やっと安心できる場所が見つけられた」と感じます。

通所中も周囲の人は自分の特性に戸惑いながらも、尊重して接してくれました。そのおかげで、「また社会とつながりを持ってみよう」と思うことができました。

Aさん担当した支援員より

利用当初は人が複数人いる環境にいることもつらかったAさんですが、「コミュニケーションが苦手だけど、話を聞いてほしいとい気持ちを理解してもらえてうれしかった」と話せるくらいまでになりました。

Aさんと同じ困りごとがある方、今の環境を変えたいと思う方ぜひ見学・体験・相談会にお越しください。お待ちしております。

◯お問い合わせ

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒210-0005 神奈川県川崎市川崎区東田町2-11 大谷加工川崎大通ビル9F
電話:044-589-4693
メール:[email protected]
(川崎市指定 就労移行・就労定着支援事業所)

〇お申込みフォーム