配慮事項を企業へ具体的に伝えるには

就職活動をする際に、配慮事項の伝え方について悩むことはありませんか?

配慮って言われてもどんなことを伝えたらいいか分からない
どこまでが配慮で、どこからがわがまま?
と考えている方もいるのではないでしょうか。

チャレンジドジャパンを利用されている方のよくある困りごととして、
指示を聞いてその通りにやっているつもりなのに、ミスが出る
集中しすぎて疲れやすい
などがあります。

それに対する配慮事項をインターネットで調べると対策方法を知ることはできますが、
配慮をされてもあまり効果が出ないということも多くあります。

何故なら、あくまで一般的な対策であって、その人に合わせた対策ではないからです。

チャレンジドジャパンでは、
就労アセスメントツールや面談などを通じた多方面の観点から
困りごとについて整理することができます。

・どこでミスにつながっているのか
・どのような指示が分かりやすいのか
・仕事をするにあたって、どのような環境が適しているのか

など、それぞれに合った対策を配慮事項として整理していきます。

配慮事項を整理するポイントは、
”会社に知っておいてほしい” 働くにあたっての困りごとです。

困りごとを伝えるだけでなく、それに対して
”どうしてほしいか”を具体的に伝える必要があります。

配慮事項を整理するには、自分自身を知ることが大切です。
アセスメントツールを活用したり、 改めて“自分”について整理することで、
自分に合った配慮事項を見つけることができます。

見学の際には、アセスメントツールを活用した事例をご紹介しています。
ご興味をお持ちの方は、一度ご見学にお越しください。

◯お問い合わせ

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒210-0005 神奈川県川崎市川崎区東田町2-11 大谷加工川崎大通ビル9F
電話:044-589-4693
メール:[email protected]
(川崎市指定 就労移行・就労定着支援事業所)

〇お申込みフォーム

 

チャレンジドジャパン川崎センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン