ソフトバンク主催の情報共有会に、就労移行代表として登壇します

チャレンジドジャパンでは、企業との連携にも力を入れています。
「企業が求めているのはどんな人材か」
「企業が今困っていることはどんなことか」
といったことを情報交換しています。
これらは、利用者のみなさんにとっても貴重な情報となります。

連携の一つとして、ソフトバンク株式会社が主催する
ショートタイムワークアライアンス情報共有会にも参加しています。

ショートタイムワーク制度とは

ショートタイムワーク制度とは、ソフトバンクが取組む
「精神障がいや発達障がいなどの理由により、業務の遂行に支障がなくても、
長時間勤務することが難しい方が週20時間未満の労働時間で就業できる制度」です。
多くの企業は法定雇用率の算定となる週20時間以上の勤務が求められるため、
週20時間未満で勤務できる制度は先駆的です。

12月15日(火)に行われる、第3回ショートタイムワークアライアンス情報共有会は、
ショートタイムワーク制度に賛同した法人向けの会議で、
今回二つのテーマでパネルディスカッションを行います。

その内の一つ「支援機関が抱えるコロナ禍の課題」では、パネリストとして登壇します。
このコロナ禍で見えてきた困りごとや課題点を共有し、
モデレーターの東京大学先端科学技術研究センター 近藤 武夫准教授と意見交換をします。


コロナ禍で企業が求める人材や、利用者のみなさまが就職先の条件としてあげる内容に変化が見られます。
チャレンジドジャパンでは、最新の動向を支援に反映してまいります。

チャレンジドジャパン川崎センターが気になった方、
ショートタイムワークについて知りたいという方は、
ぜひご見学にいらしてください。
お問い合わせお待ちしております。

◯お問い合わせ

*就労支援センターひゅーまにあ川崎は、2020年10月よりチャレンジドジャパン川崎センターへ事業所名称を変更しました

見学、体験を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

〒210-0005 神奈川県川崎市川崎区東田町2-11 大谷加工川崎大通ビル9F
電話:044-589-4693
メール:[email protected]
(川崎市指定 就労移行・就労定着支援事業所)

申し込みフォームの入力はこちらからどうぞ。

〇お申込みフォーム

 

チャレンジドジャパン川崎センター
チャレンジドジャパンは、障害のある方の就職、就職後の職場定着をサポートします。
あなたに合った仕事、働き方を、私達と一緒に探しましょう!
  障害者の就職支援はチャレンジドジャパン